おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】


おすすめポイントリーディング・カンパニーとして業界を牽引し続ける
おすすめ家賃保障会社のランキング3位は「株式会社Casa」です。

株式会社Casaは家賃保証サービスに関して、これまで全国に200万人の利用実績を誇ります。

一般社団法人賃貸保証機構という業界団体を立ち上げ、その代表理事も務めています。

言わば、「業界のリーディングカンパニー」とも呼ぶべき存在。

東証一部の上場企業であり、経営基盤が安定した信頼性の高さも魅力ですね。

創業よりお客様の「住」の確保と「幸せ」を支援するという企業理念のもと、近江商人の経営哲学として有名な「三方よし」の精神を基盤としてつねに「お客さまの立場を考えて行動してきた」とのこと。

今後も「ひと」を大切に。

借りる方も貸したい方も安心できる「住まいのトータルサポート」として住生活に関わるサービスに取り組んでいきたいと考えています。

住みたい人と貸したい人をマッチングする解決アプリ

株式会社Casaでは「Casa Cloud」という不動産仲介アプリをサービスの根幹としており、このアプリの中で住みたい人と貸したい人をマッチングしています。

ただマッチングするだけではありません。

入居者募集、家賃管理、リフォームなど賃貸不動産オーナーが抱える課題をアプリで解決することを目指し、不動産オーナー専用アプリ「大家カフェ」も提供しています。

入居希望者には「入居者カフェ」という契約者専用の旅行、買い物、飲食などのサービスを提供し、不動産管理会社には集金代行と家賃保証をセットにした「Casaダイレクト」を販売しています。

従来、仲介事業者や管理会社などに任せていた賃貸管理をアプリ上で完結させています。

Casa側への手数料などは発生せず、Casaは入居者の保証人になる「保証サービス」から収益を得ることができます。

対象地域は全国で、管理物件は1件から利用可能です。

また、大家カフェでは賃貸経営全般のサポートを行っています。

「入居者募集サポート」は複数の仲介会社に対して、空室情報 をメールで一斉配信。

物件空室確認など募集物件の反響情報が賃貸オーナーに通知されます。

「家賃管理」は毎月月末に100%入金される家賃保証と簡単に入金確認ができる入金レポートで可能となります。

「選べるリフォーム」では地域最安価格帯の施工店に多種多様な修繕を依頼できる「見積依頼」を、施工情報が画像で確認できる「施工レポート」もあります。

このようにスマホで手軽に賃貸管理ができるというのは非常に魅力的ですよね。

「家主ダイレクト」で賃貸オーナーをサポート

賃貸オーナーの中には「家賃収入から金利や手数料などを差し引くと手元にほとんどお金が残らない」「しかも税金を支払えばマイナス」「空室対策って家賃値下げ以外には無いのか?むしろ下げても入居者が決まらない」…こんなお悩みを抱えている方が少なく無いはず。

建築から年数が経過し、空き室が増えてくる。

借入金の返済に困るタイミングでこそ、賃貸経営のコストを削減すべきなのです。

賃貸経営では「手元にいくら残せるか?」しっかり把握することがポイントになります。
安定した家賃収入を確保していただけるサービスです。

■独自の仲介ネットワークによる客付け支援

家主ダイレクトを利用された賃貸オーナーにはCasa独自の仲介ネットワーク・20,000店舗の中から対象エリアの仲介会社へCasaが空室情報を配信。

こうした支援でいままで以上に客付けの機会が増えて入居率向上が期待できます。

■100%の賃料保証

入居中の賃料などを100%保証

入居者の口座から家賃を引き落としできなかった場合でも毎月月末に必ず賃貸オーナーに入金されます。

さらに充実した保証内容で賃貸オーナーの賃貸経営を支援します。

(※水道光熱費保証、更新料保証、早期解約違約金保証については保証上限があります)。

■トラブル対処、費用負担からの開放

滞納時の督促、退去時の精算費用の未払い、滞納が長期化した場合の法的手続きとその費用の負担…賃貸オーナーにはお金に関するお悩みは尽きませんよね。

中でもとくに深刻化しているのは、近年増加傾向にある「孤独死への対応」

家主ダイレクトを利用すれば個人での対応がむずかしいそれらのトラブルへの対処リスク・費用負担から開放されるのです。(※退去時精算費保証については保証上限があります)

■賃貸オーナーの負担は無し

家主ダイレクトは各種保証・保険付きのサービス。

保証委託料は入居者にお支払いただくため、賃貸オーナーの保証料などの負担は0円です。

Casaは賃貸オーナーを強力にサポートしてくれます。

【株式会社Casa】の特徴やサービスについて詳しく知りたい

 

11言語24時間365日対応の通訳サポートセンター開設!

Casaでは外国人向けの多言語コールセンター 「Casa通訳センター」を開設。

外国人のお客さまが部屋探しから入居中の問い合わせまで、母国語で相談することができ、安心して賃貸生活を送れるようになりました。

また、不動産管理会社や賃貸オーナーにとっては外国人入居者とコミュニーケーションが円滑になり、安心してお部屋を貸すことができるようになりました。

日本人の入居希望者よりも、築年数や設備に寛容な傾向のある外国人入居希望者の受け入れがしやすくなったことで、賃貸オーナーはますます空室率を下げることができそうですね!

まとめ

賃貸オーナー、不動産管理会社、そして入居者たち、それぞれをマッチングし、お悩みをサポートする問題解決アプリなど、Casaが業界のリーディングカンパニーと呼ばれるにふさわしい刷新をしていることがうかがえますね。

企業ですからもちろん、自社の成長・成功は目標とするところなのですが、Casaには何か「業界全体を向上させたい」という、もっと大きな社会的な目標を感じさせるスケールがあり、頼もしく思えます。

これも「三方よし」で「社会貢献」を考え、「ひと」を大切にしてきたCasaの思いが実現してきた証拠なのかもしれません。

今後、ますます注目していきたい企業です。

サイト内検索