おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社に支払う保証料はいくらぐらい?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/07

家賃保証会社は物件を貸したい人と借りたい人が安心して賃貸契約を結び、入居後も安心して生活ができるように応援する役割を果たしています。家を貸す側・借りる側の双方にとって安心のサービスですが、家賃保証会社に支払う保証料はいくらぐらいなのでしょうか。そこで、家賃保証サービスの利用料金はどれくらいなのか、相場をご紹介します。

家賃保証サービスは便利で安心感がある

家賃保証会社は物件に入居したい人と物件を貸したい人を安心でつなぐサービスで、この貸家を利用すると保証人がいなくても貸すほうも借りるほうも安心感が得られます。家賃保証はもしものときの家賃の滞納が起こってしまった場合に、借主に代わって保証会社が立て替えをおこなって、物件オーナーに家賃を支払ってくれます。

そのことで、家賃の滞納をせずにすみ、入居者側だけでなく大家さん側も助かりますので、昨今多くの賃貸物件で保証会社の家賃保証サービスの利用が進んでいます。具体的には、保証会社のサービス加入を入居審査の際のチェック項目に加えており、家賃保証を利用している入居希望者に入居を許可するという方法がとられることも多くなっています。

保証会社を利用することで、大家さん側の懸念点である家賃未払いリスクに備えることができ、入居者はもしもの際であっても未払いにならないため、双方にとってメリットがあります。このようなサービスは入居希望者にとっては物件を借りやすくすることになりますし、貸す側にとっては家賃滞納時だけでなく、家賃未払いの際の光熱費等の支払いなども含めて、保証を受けることができるのでとても安心です。

こうしたサービスは、家賃滞納が起こってしまった際の弁護士費用や裁判にかかる費用の他にも、強制退去による原状回復のための費用も含まれているものもあります。そのため、貸す側はトータルで安心できる保証を受けられることになり、昨今、入居契約時にこうした家賃保証サービスを利用することを賃貸契約に盛り込むオーナーが増えているのです。

とても便利で安心感のあるこのような家賃保証サービスですが、実際に利用する場合にはその費用はどれくらいかかるのでしょうか?借りる側にとっては、入居したくてもあまりに保証に関する費用が高すぎると、敷金や礼金が必要なことを考えると少し躊躇してしまう人もいるでしょう。そこで、家賃保証のためにどれくらいの金額が必要とされているのかについて、目安という形でご紹介してみたいと思います。

家賃保証サービスにはどれくらいの金額が必要なのか

家賃保証会社の提供する家賃の保証サービスは貸す側と借りる側にとってメリットのあるサービスですが、どれくらいかかるのでしょうか?この点については、まずこのサービスが連帯保証人の代わりになるサービスでもあり、費用はそれなりの金額が必要とされます。

具体的には契約する際に初回保証料という費用が必要とされ、保証会社やプランなどによって必要となる金額はいろいろありますが、おおよそ月額の家賃の20%から100%という金額が相場的といわれています。例えば、初回の費用が50%の場合であれば、家賃が60000円で共益費が5000円の物件なら、家賃総額の50%なので、60000円の50%、つまり30000円が必要とされます。

そして、2年ごとに更新して支払いをするようになっている場合には、2年たつ頃に次の保証期間のための必要とされる金額について案内が郵送などで届けられます。更新の際に必要となる金額については、保証会社によって異なりますし、プランによっても異なっていますが、1年ごとに10000円が必要になったり、2年ごとに更新のタイミングで家賃総額の何%という形で決められていたり、初回のときに支払った保証料と同じ金額になっていたりなどさまざまです。

注意したいポイントとしては、この料金は敷金とは性質が異なり戻ってきませんし、更新の際に支払ったお金も戻りません。たとえ、更新後すぐに引っ越したとしても、これらの費用は預り金ではないので戻ってくることはありません。保証会社についてはあらかじめ指定されており入居者側が選べないことも多いですが、もし選ぶことができる場合には、入居期間に照らし合わせて初期保証料だけでなく更新料についても更新期間や更新時の費用も含めて検討することがおすすめです。

つまり、保証会社を利用するというケースでは貸主側に支払う更新料と併せて、保証会社へ支払う更新料も必要となるということです。保証会社を利用するともしもの際にとても安心感がありますが、こうした費用については初回だけでなく定期的に必要になることもありますし、戻ってくるお金ではないため、できるだけリーズナブルな物件を探したいというときは物件選びの際にいろいろ比較検討するとよいでしょう。

具体的にはどのように計算できるのか

家賃保証会社の提供する家賃保証サービスは、貸主や借主にとって入居のしやすさや貸しやすさ、もし家賃滞納をしてしまった際などにメリットが大きなサービスです。しかし、費用という点では家賃保証に加入しなくても良い物件と比較するとそれだけ費用が多く必要になりますので、保証人を立てられる場合などにはいろいろ検討が必要といえるでしょう。

家賃保証の内容はそれぞれの会社によって異なりますが、たとえば、初回の入居申し込み時に家賃保証サービスへの加入が必要とされており、その後2年ごとに契約が更新され、その保証料が家賃の50%であるという場合について考えてみましょう。家賃が50000円の物件に入居を希望する人の場合には、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

まず、初回の入居時に、50000円のサービスの50%、つまり25000円の費用が必要とされ、その後2年ごとに50000円の50%、つまり25000円が必要になることになりますので、5年年住むとすれば初回と2年目、4年目にそれぞれ保証料が必要となるため75000円必要という計算になります。この金額はあくまでも目安であり、保証会社によっては割引料金が適用されるケースもあります。

そのため、何年住む予定なのか、どれくらいの費用がトータルで必要となるのかを事前に検討してから入居をすることが大切といえるでしょう。できるだけリーズナブルな金額の物件を探しているという場合には、保証人を立てれば保証会社のサービスを利用しなくてもいい物件を探すことも手段のひとつといえます。

 

家賃保証会社は貸し手と借り手の双方がもしもの家賃滞納時にも安心できるサービスを提供していますが、そうしたサービスの利用には一定の費用が必要です。具体的にどれくらいの費用がかかるのかについては、サービスを申し込む保証会社やプランなどによるといえますが、賃料の20%から100%が相場的な金額といわれています。

こうした家賃保証サービスは、入居時だけでなく更新時にも必要となるため、更新が何年ごとにあるのかや、どれくらいの保証料がその際に必要なのかという点について具体的に検討してから入居物件を探すことはおすすめです。場合によっては、保証人を立てることでこうしたサービスの利用が必要とされない物件を検討するという方法もあるといえます。

家賃保証サービスは家賃のほかに費用が発生するため「利用しなくても済むなら利用したくない」と思う方も多いかもしれません。しかし、家賃滞納や振り込み忘れなどのトラブルを防止してくれるため、一人暮らしの費用をきちんと払っていけるのか不安な方や保証人がつけられない人にとって安心できるサービスです。

サイト内検索
記事一覧