おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

連帯保証契約とは?きちんと理解しよう!

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/29

連帯保証はシンプルに言えば「契約者と同じ責任を負うという契約」で、もし契約した人が家賃などを支払えなくなってしまったら、同じ責任を連帯保証人が負うという契約です。そのため、契約者に未払い家賃があれば、契約者が支払えない際に連帯保証人が支払う義務があります。今回は、連帯保証契約とはどのような契約なのか詳しく解説します。

連帯保証契約とはどのような契約なのか

連帯保証契約は賃貸住宅の入居にあたり、入居する人がもしも家賃を支払えなくなったら、その人の代わりにきちんと家賃を支払い、その人と同じ責任を負うという趣旨の契約になります。賃貸物件の契約では入居する人が家賃を支払うことが基本ですが、その人が家賃を支払えなくなってしまったときのために連帯保証人を立て、家賃を支払えなくなった際に借主の家賃を支払う人を見つけることが必要とされます。

連帯保証とは、保証人が主たる債務者と連帯する形で債務を負担することを言い、債権者と保証人は書面で保証契約を締結することによって連帯保証契約が成立するとされています。そして、保証人になった人は、主たる債務者が債務履行をおこなわない場合にその債務を履行する責任を負います。

つまり、入居時の契約書に連帯保証人として名前が記載されている人は、物件の借主が家賃を払えなくなってしまったら、連帯してその責任を負うことになるのです。このことは、連帯保証人となったら、その人と同じ責任を負うということを意味しており、未払い家賃の請求が保証人になっている人に届けられ、支払い義務を履行する責任を負うことになるのです。

このように、主たる債務者が債務を履行できなくなってしまったら、その人の代わりに債務履行を行うことを約束している契約が連帯保証契約です。連帯保証人になるとその人とまったく同じ責任を負うことになります。その責任はとても重いため、賃貸物件を借りたい人もなかなか知人や知り合いなどには頼みにくいでしょう。

そのため、連帯保証人になるのは多くがその親兄弟や配偶者などである場合が多いといえます。しかしこのような保証人になった場合、その人と同じ責任を負うことになりますので親兄弟であってもできればならないほうがいいと考える人も多いです。

しかしそうなると、賃貸物件契約を結ぶことが難しく、入居したくでもできない人が多くなってしまいます。そのようなときには、保証人代わりにその人の家賃支払いについて保証をする家賃保証会社の家賃保証サービスを利用すると、連帯保証人を見つけなくても入居可能です。家賃保証サービスを利用すると、保証料は必要となりますが保証人を見つける必要なく賃貸契約を結ぶことができ、入居者にとってはとても便利なサービスといえます。

連帯保証人になる人を見つけるのは難しい

賃貸物件の契約では、もしも入居する人が家賃を支払えなくなってしまったとき、代わりに家賃支払いをおこなう責任を負う連帯保証契約が一般的です。そのため、部屋を借りるという場合には連帯責任を負ってくれる人を探すことが必要なのです。けれども、連帯保証人になってほしいと頼まれた人にとっては、できればそうした連帯保証人にはなりたくないという人がほとんどでしょう。

もしも親しい友達から連帯保証人になってほしいと頼まれたときにすんなりとOKできる人はそうたくさんいないのではないでしょうか。連帯保証人になると、その人の責任と全く同じ責任を負うことになりますので、その人がきちんと家賃を支払わなくなってしまったときのリスクが大きいのです。

また、連帯責任を負ってその人の代わりに債務を履行しなければならなくなったら関係にヒビが入ってしまうでしょう。そうしたことを避けたいという気持ちから頼まれても引き受けられないことも多いといわれています。そうなると、部屋を借りたい人にとっては連帯保証してくれる人がおらず、入居できません。物件のオーナーさんも部屋を借りてくれる人を見つけにくくなってしまうので困ってしまうでしょう。

そこで昨今注目を集めているのが家賃保証会社で、連帯保証契約でその人の債務を連帯保証するというサービスを提供しています。家賃保証会社が連帯責任を負ってその人の入居を後押ししてくれますので、入居者も安心して入居することができます。

入居者にとってメリットがある家賃保証会社は有料で利用することになりますが「誰も連帯保証人になってくれない」という人にとっては非常に心強いサービスでしょう。連帯保証となると主たる債務者と同じ責任を負うことになりますから、友人程度の関係で連帯保証人になってほしいと頼まれても断る人が圧倒的に多いです。

けれども、昨今ではこのような連帯保証をビジネスとしておこなっている家賃保証会社がありますので、入居希望する人も連帯保証人を見つけずに契約を結べます。

家賃保証会社を利用することもできる

賃貸物件の契約は連帯保証契約であり、連帯保証人を見つけることが入居の前提となっていましたが、連帯保証してくれる人を見つけるのはなかなか困難でした。連帯保証契約は主たる債務者の債務不履行の際に、その人と同様の責任を負うという契約で、書面で契約を結ぶことで効力を持ちます。

このような契約は連帯保証人になった人に重い責任を負わせることになりますのでなかなか見つかりにくかったのですが、昨今では家賃保証会社を利用することで連帯保証人を見つけなくても物件に入居することが可能になりました。

家賃保証会社に保証料を支払うことで、もしもの際に建て替えを一時的におこなってもらうなどのサービスを利用することができます。その請求は入居者本人になされるようになっていますが、このような会社のサービスを活用することで連帯責任を負う人が見つからなくても物件を借りることができるようになっています。

家賃保証会社のサービスは家賃保証だけでなく、立ち退き時の原状回復や家賃滞納などにかかる弁護士依頼費用の保証まで幅広いものとなっています。そのため、このサービスを利用することで物件のオーナー側も安心感が得られやすくなるのです。したがって、連帯保証人を立てなくても物件に入居できるようになるため、保証人が見つからない人にとって非常に便利なサービスです。

 

連帯保証契約は、主たる債務者の債務不履行の際に代わりに債務を履行する人を定めておこなう契約で、連帯保証人には重い責任があります。そのため、なかなか保証人になる人を見つけるのは難しく、賃貸物件への入居ができない一つの原因となっていました。

ところが昨今では賃貸物件に入居するためにはこうした連帯責任を負う人を必ず見つける必要がなくなってきたといえます。家賃保証会社が連帯責任者となることで、入居をバックアップするサービスが普及してきており、賃貸物件への入居のハードルが下がってきたといえます。家賃保証会社は入居希望者から保証料を得て有料でこうしたサービスを提供しており、利用することで連帯保証契約の締結に関する不安・負担が少なくなるといえます。

また、家族に一人暮らしを反対されている、離婚する・しないで夫婦間で話し合いがこじれているなどの理由で家族に連帯保証人を頼むことができない方でも、家賃保証会社を通せば物件を借りることができます。家賃保証会社・サービスは大家さんと入居者の双方にとって役立つシステムなのです。

サイト内検索
記事一覧