おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社を利用しないことで起こりうるトラブルとは

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/07

賃貸物件の契約時に貸主側が心配するのが家賃の滞納です。滞納した家賃は連帯保証人を立てるのが一般的でしたが、最近では家賃保証会社が間に入ることも増えました。しかし家賃保証会社を利用せず入居した場合にはどんなトラブルが起こりうるのでしょうか?今回は、家賃保証会社を利用しないと起こりうるトラブルをご紹介します。

家賃保証サービスを提供する会社がある

家賃保証会社は物件を借りた人の家賃を物件オーナーに保証する会社のことで、もしも入居後に家賃滞納が起こってしまったときに、保証会社が家賃を立て替えて払ってくれる会社です。保証会社が家賃を立て替えた後は、借主に建て替えた家賃の請求がありますので、その請求額を支払うと大家さんに迷惑をかけずに家賃を支払ったことになり、大家さんも借りた人も安心できます。

最近では、家を借りる際にこうした保証会社へ加入することが条件とされている物件も多くなっており、もしもうっかり借りた人が家賃を払い忘れてしまった場合などに備えられるようになっています。保証会社は家賃滞納の際にスピーディーに対応し、大家さんに対して期日通りに家賃を振り込んでくれるので、借りる側にとっても助かるサービスです。

しかし、こうした家賃保証がない物件もまだまだ多くあり、保証会社の利用をしていない場合にはこのようなもしもの際のサービスを受けることができません。家賃保証会社を利用していないと、家賃滞納に関するトラブルに遭遇するリスクがあります。

家賃保証サービスを利用しないとどんなことがあるのか

家賃保証サービスを提供している会社は、入居者の家賃を大家さんに保証する会社のことです。大家さんは入居した人がうっかり家賃を払い忘れていた場合のリスクを回避することができます。入居者にとっても大家さんに迷惑をかけずに済むことで、さまざまなトラブルに巻き込まれるリスクを回避することができ、双方にとって良い状況となります。

しかし、物件の中にはこうした会社のサービスを利用しないものもあり、家賃保証会社を利用しないことで家賃を滞納してしまうとどのようなトラブルが起こりうるのでしょうか。この点については、家賃滞納をしたら延滞損害金が発生して決められた家賃以上の金額を支払う必要が出てくることになります。

この延滞損害金は、早ければ指定の日の翌日から請求が始まっていき、同時に督促の連絡を受けることになります。その督促の連絡は、まず入居者本人に対してなされますが、支払いがなされない場合は次に連帯保証人へとなされていきます。

そして、その後も家賃が支払わない状態が継続するなら、裁判などで家賃を請求され、強制退去となります。家賃滞納が起こっている場合、かならず本人に滞納の連絡と支払いの要請の連絡がなされますので、家賃滞納のことで連帯保証人に迷惑をかけたくない場合には、きちんと滞納家賃の支払いについて対応し、現在支払えない状態である場合は家賃の支払いをいつおこなうことができるのかを丁寧に説明する必要があります。

連絡を受け取ってすぐに真摯に対応することで、待ってもらえることはありますので、家賃を滞納しそうだという場合はすぐに大家さんなどに連絡をすることが強く推奨されます。何も連絡がなく1ヶ月遅れると、連帯保証人となっている人に支払いについて連絡することになるといえますし、このことはその後の連帯保証人との間のトラブルにも発展していくでしょう。

家賃滞納について連絡があっても真摯に対応せず、3ヶ月を超えるような状態になっていると、物件の貸主側から契約の解除や法的措置などをおこなうことができる権利が発生します。

そして、家賃滞納を続けていると、その後裁判や強制執行の手続きを検討されることとなってしまい、そうした手続きが取られると、弁護士相談や依頼金などが発生し、そうした費用も請求されてしまうといえます。家賃滞納から強制退去となるケースはままあり、こうしたトラブルは保証会社を利用しないことで起こりうると考えられます。

家賃滞納リスクを回避することが可能になる

家賃保証を提供している会社を利用しないと大家さんに裁判で訴えられ、強制退去になるといったトラブルリスクが生じることになってしまいます。家賃が払えそうにないという場合、滞納するのではなく払えそうにないことがわかった時点で、賃貸契約書をよく確認してから貸主さんや不動産会社に電話連絡をするということがとても重要です。

事前にわかっているなら交渉をおこない、滞納家賃分を分割払いで支払うことができるなどの対処法を提案してもらうこともできるかもしれません。何もしないで滞納するよりは何倍も良いいので、もしも滞納しそうというときにはかならず早めに連絡をすることが重要です。

しかし、滞納してしまった際は翌日から1ヶ月以内に借主本人へ電話連絡があり、本人へ督促状の送付がおこなわれるでしょう。それでも家賃が支払われなかった場合は、1~2ヶ月後に連帯保証人へ電話連絡や督促状が送付され、内容証明郵便で書面が届けられるといえます。

さらに3~6ヶ月後は、物件の契約解除通知が内容証明郵便で届けられたり裁判所へ請求の申し立てがおこなわれたりするといえます。6ヶ月後以降は自主的退去か強制執行の手続きがおこなわれ、裁判所による強制退去になるといったリスクがあるといえます。

このようなリスクは、督促などを無視し続けて家賃滞納を続けたケースといえますが、電話連絡などで支払いの意思を早めに示し、その後の家賃の迅速な支払いが確認されれば対応は変わってくるでしょう。家賃保証サービスを提供する会社を利用すると、借主に代わり家賃を立て替えてもらえますので、家賃の未払いを回避することができます。

期日に家賃を大家さんに振り込んでもらえるため、大家さんに迷惑をかけずに済み、その後は立て替えてもらった家賃を早く保証会社に支払うことで滞納リスクを回避することができます。しかし、こうした家賃保証サービスには滞納回数が多くなると次の更新が難しくなってしまうといえますので、うっかりには気を付けてきちんと家賃を支払うことが必要です。

しかし、このような保証会社のサービスは、気を付けていても家賃滞納が起きてしまったという場合に、物件の貸主にとっても借主にとっても安心できるサービスです。こうした保証会社を利用しない場合には家賃滞納に関するさまざまなデメリットが起こり得ますので、このようなサービスは保険として加入しておくと安心感があります。

 

家を借りると場合、家賃保証会社を利用すると物件の貸主にとっても借主にとってももしものときに安心できます。家賃の滞納は貸す側が最も心配することの一つで、期日に所定の家賃が支払われないことで、その後借主にいろいろなデメリットが起こり得ます。そのため、家賃を滞納しないということは物件を借りる上で大変重要なポイントになります。

しかし、いろいろな理由で期日までに支払いができなかった場合、家賃保証サービスを利用していると、家賃を代わりに支払ってもらえますのでその後に起こりうるリスクを回避できます。逆に、こうしたサービスを利用していなければ、督促のリスクや連帯保証人に迷惑をかけるリスク、裁判や強制退去のリスクなどが起こり得ます。

サイト内検索
記事一覧