おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社を利用すればトラブル時もスタッフが間に入ってくれる

家賃保証会社は借主と貸主の双方に対して安心を提供している会社です。

そして、このような会社を利用するとトラブル時もスタッフが間に入ってくれると言う対処法が期待できます。そこで、この点についてご紹介します。

 

家賃保証会社とはどんな会社なの?

家賃保証会社は賃貸住宅契約時に必要となる賃借人の連帯保証人を代行してくれる会社で、不動産の借主との間に立って保証委託契約を結ぶ会社です。家賃保証会社は契約に基づいて、借主に家賃滞納などの債務の不履行があった時に、代わりに貸主に家賃を立て替えてくれるという代位弁済等の業務内容を行う会社のことになります。

もちろん、立て替えてもらった家賃は後から借主が保証会社にきちんと支払う必要がありますが、こうした家賃保証会社を利用できることで、うっかりした時やもしもの時に相手に迷惑をかけないで済むと言った利点があり、借主と貸主の両方にメリットがあるということで利用されているのです。

このような会社を利用すると、借主にとっては連帯保証人が不要になるため、入居しやすいといったメリットがあります。そして、貸主にとっても家賃が滞納されてしまって収入が入らないと言ったリスクを軽減することができるという利点があるのです。

そのため、このような会社を利用することでお互いに安心できる賃貸契約となるということなのですが、それ以外にもこの会社にはメリットがあります。

 

滞納トラブル時にどのようにスタッフが間に入ってくれるの?

家賃保証会社を利用すると借主にも貸主にもメリットがあり、借主がうっかり家賃の支払い日を忘れて振込をしていなかったという場合や銀行口座に家賃を入れ忘れていたと言った場合などに立て替えて支払ってもらえるのです。そのため、借主にとっても貸主にとっても便利で安心なサービスといえます。

このような保証会社では家賃の滞納が起きた時のトラブル時に、実際にスタッフが間に入って対応をしてくれるというようになっています。

では、このような滞納トラブル時にどのようにスタッフが間に入ってくれるのかといった点についてご説明してみたいと思います。家賃を貸主の口座に振り込むというケースの場合などには、家賃が期日までに振り込まれていないことが分かった時に、貸主側が借主からの滞納があることを家賃保証会社に報告すると言うようになっています。

そうなった時には家賃保証会社はその支払分をまず貸主へと立て替えて支払うと言う代位弁済の手続きを行います。そしてその後、借りている人に対して連絡を入れます。こうした流れで対処が取られると言うことなのです。

 

家賃滞納対応はどんな形で行われる?

信託口座へ振込やクレカの方法で家賃支払いを行うと言う場合には、会社側が借主が家賃を滞納したかどうかが直接わかるようになっているため、貸主側には特に報告がなされることなく家賃の代位弁済の対応と入居者への連絡が行われるようになっています。

そしていずれのケースでも家賃滞納時の家賃保証会社は、入居者に対して電話で連絡したり、支払い請求という形などで書類送付を行うといった手続きが取られるのです。また、それでも借主からの支払いが行われない場合には直接会ってから話し合いをしたいというケースがあります。

こうした時、入居者がなかなか支払えないと言った厳しい経済状況にある時には、会社は入居者のある程度の相談にも応じると言う対処法を提供するところも在るのです。その上で、いつなら家賃が払えるのかという確認などが行われたりしているのです。

加えて、連帯保証人に連絡を入れると言う対処法などもとられる場合があります。そうなると連帯保証人になった人に迷惑がかかることになるため、電話の段階で早めに支払いを行うことが重要です。

 

電話連絡で入居者に知らせる対応が取られる

家賃滞納のトラブル時にはこの会社は督促の電話という言う対処法が取られたりします。では電話での督促は具体的にどのように行われるのでしょうか?

この点については、電話連絡は家賃滞納が起こった時に最初にとられる対応だと言われており、固定電話や携帯電話宛に、家賃支払いがまだ行われていないという事を入居者に伝えるための電話が掛けられます。

家賃の支払いの期日後に電話連絡があると言えますが、具体的に何日ぐらい後に電話が掛けられるのかについてはそれぞれの会社によって異なっていますが、滞納後10日以内には連絡がくるといえます。

そして、いつ支払うかなどをきちんと伝えて支払いが行われれば特に問題は無いという事なのです。しかし、支払をせずにそのままにしておくと、連帯保証人に督促の電話がかかるようになっていきます。

入居者が支払いを行えない場合には連帯保証人が支払うことになっています。連帯保証人に迷惑を掛けないためにも、自身に督促の電話がかかってきたらできるだけ早く対応して家賃の支払いを済ませるという事が重要です。

 

訪問による督促や内容証明郵便が届けられる

入居者本人に対して電話をかけても家賃の支払いがないと言う場合には、次は訪問という形で催促が行われる会社もあります。

電話しても支払いがなく、何度電話をかけても支払われていないと言う場合や電話に出ないという場合に、会社側が直接入居者を訪ねて催促を行うこともあるのです。この訪問による督促は滞納が起こってから1ヶ月くらいで行われることが多いと言えます。

ただ、きちんと連絡が取れていて滞納家賃を支払う意思を持っていると言う場合には訪問催促までは行われないと言われていますので、こうした訪問催促が行われる場合には会社側も法的な方法を検討している可能性があると言えます。そうならないようにできるだけ早く支払いを行うことが重要なのです。

次の段階に進んでいくと、内容証明郵便によって督促が行われると言う流れになると言えます。内容証明郵便では、郵便物が届いていないと言ったり、書類が見えにくくて読めなかったとは言えないようにきちんと内容が証明されています。

電話や訪問による催促を無視しているとこうした郵便物が届くようになるという事なのです。

 

家賃滞納に対する法的な対応が取られる場合も

家賃滞納が起こった時、電話や訪問などでも支払いが行われないと言う場合には連帯保証人に連絡を入れると言う対応が取られたりします。しかし、連帯保証人にも連絡が届かないと言う場合などには、内容証明郵便によって賃貸契約解除に関する通告が行われ、期日が設定され滞納分の支払いがない場合には法的な対処が取られると言う文書を送ると言った方法などがあります。

そして、内容証明郵便をもらっても対応しなければ会社側は裁判や強制執行といった動きを取るという事になると言えます。このような通知を無視して家賃支払いを行わない入居者に対して、強制退去の通知や裁判等の手続きに関する通知が行われていき、それでもこのような書類を無視している入居者に対して、指定日時に裁判が行われ、強制執行という流れになって給与や資産などが差し押さえられると言う形を取りながら対処が行われると言えます。

このように、こうした会社では家賃滞納のトラブルが発生した時に、家賃を立て替えて支払ったり、物件のオーナーと借主との間に入った対応が段階的に行われるようになるという事になっているということです。

 

家賃保証会社は借主と貸主の双方に対して安心を提供している会社で、こうした会社のサービスを利用すると家賃滞納時のトラブルに対しても、立て替えやそうした支払いに関する督促などについて対処が提供されます。

サイト内検索