おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

学生が家賃保証会社と契約する際の流れは?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/29

親元を離れ、大学などでこれから新しい生活をスタートさせるという学生さんが部屋を借りるという場合、借りたい部屋が家賃保証会社との契約が前提となっているケースも増えました。そこで、どのような流れで家賃保証サービスを利用できるのかをご紹介します。

家賃保証はどのようなサービスなのか

晴れて学生となり一人暮らしを始める学生さんにとって、借りたい部屋が家賃保証会社との契約が必須となっていた場合はどうしたらいいでしょうか?昨今では家賃保証サービスを利用しなければ入居できない物件が増えており、その理由として挙げられるのが家賃滞納時の対応にあります。

家賃保証会社ではもしものときの家賃未納に対して、会社が速やかに大家さんに家賃を物件の借主の代わりに支払う立て替え払いサービスを提供しています。このサービスを利用すると、うっかりと家賃を払い忘れていた場合でも大家さんに家賃は支払われますので滞納にならずにすみます。

その後、家賃保証サービスを提供した会社から借主に対して請求がありますので、その支払いをすませばトラブルにつながらずにすむシステムになっています。家賃保証サービスは家主にとってこのような家賃滞納リスクを減らし、仮に契約解除が起きてしまってもそうした費用が保証されるので、安心できるというメリットがあります。

そのため、多くの物件で家賃保証サービスの利用が入居審査のチェック項目の一つになってきており、学生も例外ではありません。ではこのようなサービスを利用する場合、どのような流れで家賃保証サービス会社と契約するのでしょうか?そこで、学生が家賃保証会社と契約するときの流れについて具体的にご説明してみましょう。

どんな流れで契約するようになっているのか

基本的に家賃保証サービス会社との契約の流れは、一般的な人々の契約の流れとだいたいのところ同じといえます。ただ、学生と家賃保証会社が契約するために必要とされる書類については社会人の方とは異なっており、学生という立場をもつ人との契約で必要とされる書類になる点が異なっています。契約の流れについては入居申し込みの段階で審査を受けるようになるといえますので、この点は社会人の方などと同じ流れです。

まず、気に入った物件を見つけたら不動産会社などで申し込んで物件の説明を受け、実際に物件を見てから入居を希望するかどうかを決めます。そして「物件が気に入ったので入居を希望したい」という場合には、入居申し込みを行うという流れです。

このとき、その物件に入居するためには家賃保証会社との契約が必要とされている場合には、入居申し込みの際に必ず契約を結んでおく必要があります。したがって、入居申し込みをするにあたって、家賃保証サービスへの申し込みもおこない、家賃保証会社と契約して入居審査を受けます。

家賃保証サービスを行う会社と契約をするためには、必要書類を提出するところからスタートし、書類をきちんと準備をしていきます。家賃保証サービス会社に提出する必要書類として挙げられているのが本人用の確認書類で、代表的ものとして免許証や健康保険証、パスポートなどです。

また、本来は収入証明のための書類も提出する必要がありますが、基本的に就職はしていないため給与などの収入に関する書類ではなく学生証や合格通知書などを提出するようになるといえます。申込用紙と必要書類を提出すると会社で審査がおこなわれ、審査に通過すると契約を結ぶことができるようになります。基本的に家賃保証サービス会社の審査については、それぞれの会社ごとに基準があり、その内容については公開されていません。

ただ、会社としては契約者にできるだけ家賃滞納はしてほしくないということが本音といわれますので、審査ではそうした点が中心にチェックされるといえるでしょう。社会人の場合であれば年収や勤続年数などが判断基準となっているようですが、働いていない学生は、親の仕事なども含めて総合的に見て判断がなされるといえます。

ただし、過去に賃貸物件を借りたことがあり、その際に保証会社を利用していた場合はその履歴も併せてチェックされることはあるでしょう。その際、これまでに家賃未払いを度々しているといった記録があれば審査通過は難しいといえますが、今回初めて契約する場合はそれほど厳しくはないでしょう。

そして、審査に通過した場合は、あらかじめ定められている保証料を支払い、契約を結ぶ手続きを完了させます。このサービスは、契約時に初回保証料を支払いますが、その金額は保証会社や申し込んだプランによって異なっています。おおよそ、1か月分の家賃の20~100%くらいが一般的な保証料といわれています。

初回保証料を支払うことで契約を結ぶことができますが、このサービスは更新して継続契約することが多く、同じくらいの金額の保証料が更新時にも必要とされます。その金額は同じであったり、もう少し少なかったりしますが、概ね1年か2年ごとに必要となってくるため、次回どれくらいの金額がいつ頃必要となるのかは確認しておきましょう。

家賃保証サービスが必要な物件も増えている

家賃保証会社と契約する際の基本的な流れは学校に通う人も社会で働いている人もさほど大きくは違っていないといえます。提出する書類には違いがありますが、その後の流れは審査に通過したら保証料を支払って、契約を結ぶことになります。家賃保証サービス会社との契約については、それほど長い時間はかかりません。

審査は数日かかる場合もありますが、数時間で可能な場合もあるためスピーディーといえるでしょう。この契約は賃貸契約を結ぶために必要になるため、できるだけ素早い対応が提供されるように会社側も配慮しているといえます。

ただ、この契約は更新のタイミングで、新たな保証料が必要になりますので、突然更新の通知が来て慌てることのないように前もって更新保証料も準備しておきましょう。家賃保証というサービスは、最近大きな注目を浴びてきており、賃貸物件で導入されているところもだんだんと増えてきています。

そして、これからも家賃保証サービスに申し込む機会は増えていくと考えられており、これからも部屋を借りたいと思っている場合には加入が必要となることも多々あるといえます。こうしたシステムをよく知っておくことで、新たに部屋を探したくなった際でもスムーズに部屋を借りられるでしょう。

学校に通う人が家賃保証サービスを利用する大きな流れとしては、まずは借りたい部屋を探し、その物件で家賃保証サービスを申し込む必要があるときは「必要書類を提出し、審査を受け、通過すれば保証料を支払って契約を結ぶ」という流れになっています。

 

学校に通うなどで親元を離れて一人暮らしを始める場合などには、賃貸物件を借りて新たな生活をスタートすることも多いでしょう。最近の賃貸物件は家賃不払いに備えて、家賃保証会社のサービスに加入することを必須としている物件も増えています。

そうした物件では保証会社と契約を結んで物件に申し込む必要があり、その流れについて知っておくと役立ちます。流れを理解しておけば、実際の契約の際に戸惑うことがありません。就学のために引っ越す際には、学校の手続きや人間関係の構築などで日々忙しさが続くでしょう。そのため、賃貸契約はなるべくスムーズに結んでおきたいものです。

サイト内検索
記事一覧