おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

新社会人が家賃保証会社を利用する際の注意点

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/29

最近では賃貸物件の入居には家賃保証会社の利用が必要とされているところも増えてきており、入居にあたって必ず利用することが条件の一つとなっている物件も多くなってきました。そこで今回は、新社会人が家賃保証サービス利用するときの注意点について詳しくご紹介します。

新しく社会に出る人はどんな点に注意すればいいのか

新社会人となって仕事を始め、新しい生活をスタートさせることをきっかけに一人暮らしを始める人は非常に多くいます。そんな新社会人が住みたいと思う気にいった賃貸物件で、家賃保証会社の利用が入居審査で必要とされていることも多くなっています。

家賃保証会社は、毎月の家賃支払いで万が一滞納が発生してしまった場合、借りた人に代わって家賃を支払いしてくれるサービスです。ついうっかりとして振り込み忘れてしまったなどの際に、保証会社から貸主へ立替払いが行われるようになっています。

このような支払い方法を代位弁済といいますが、家賃保証会社もボランティアとして行っていますので、立て替えをしてもらった費用については後からきちんと会社に対して支払うことが必要です。このようなサービスを利用していれば、もしものときにきちんと家賃が大家さんに支払われますので迷惑をかけずにすみますし、家賃滞納トラブルを未然に防止できます。

そのため、大家さんにとっても物件を借りている人にとっても便利で安心感があるサービスとして昨今普及が拡大しています。このようなメリットがあるサービスですが、新社会人が利用する際には気を付けておくべき点がいくつかありますのでこれから具体的にご解説していきましょう。

安易な利用は将来の不利につながってしまう

これから新しく社会に出ていく人が家賃保証会社を利用する場合、気を付けておくべき点として挙げられるのが滞納リスクについて理解しておくという点です。滞納リスクは家賃を期日までに支払わないことから生じるリスクのことで、家賃保証をしている会社を利用しているのに、なぜ滞納リスクについて知っておくことが必要なのかと思われる人もいるでしょう。

実は家賃保証のサービスを利用していて家賃の滞納があった場合、いろいろなデメリットがその後生じることになってしまうのです。その点を知らずに、家賃を期日までに振り込むのが面倒だからといった理由などで安易に家賃保証サービスを利用すると後からとても困ったことになってしまいます。

家賃保証サービスを利用する際は、入居申込み時に審査が実施されるようになっており、その審査では過去の金融事故歴などがチェックされるようになっています。こうした履歴が残されていなければそれほど難易度の高い審査ではないといえますが、賃貸保証データベースを活用して審査を行う保証会社もあります。

審査の方法はそれぞれの保証会社によって異なりますが、もしこれまでに家賃滞納の記録があれば、審査に通過することが難しくなるでしょう。つまり、安易に家賃保証サービスを利用するのであれば毎月しっかり家賃を支払うことを徹底しなければなりません。

将来他の賃貸物件に住み替えたいといったときに家賃保証サービスを受けられなくなってしまうリスクがあります。このような審査方法は家賃保証サービスを提供する会社や加盟団体などによってそれぞれ違っており、どのような審査が行われるのかはそれぞれです。

もし、過去に家賃の滞納によるサービスの利用があればそれも併せて審査されるということになりますので、安易に考えずに期日までに家賃は支払うことが大切です。次の賃貸契約で不利にならないためにも、きちんと毎月の家賃を滞りなく支払い、保証会社のサービスは安心のためのサービスというように考えておいたほうが良いといえます。

また、最近ではキャッシュレス決済などの普及によって、家賃をカード払いにしてポイントを貯めたいという人も増えてきています。家賃保証サービスを提供する会社の中には、信販会社などもあり、信販会社の提供する家賃保証サービスを利用するときは、クレジットカードの作成と口座からの自動引き落としが必須とされるケースもあります。

こうした際は、クレジットカード審査に通過するかどうかが入居審査のポイントになるといえますので、これまでのカードの支払い履歴なども関わってくるでしょう。新しく社会人となる人の保証会社サービスの利用ではこうした点に注意をしておくことが必要といえます。

上手に利用していくことが大切になる

家賃保証サービスは貸し手と借り手の双方にメリットがあるサービスとして、昨今普及が進んできていますが、新社会人がこのサービスを利用するにあたり他にも注意点があります。基本的に保証会社を自身で選べるかどうかは物件によるといえますが、ほとんどのケースで賃貸を仲介する会社の指定する会社になるといえます。

この際、複数の会社から選べる場合には、保証料の金額をトータルで比較してから決めることが注意点として挙げられます。家賃保証サービスは多くが更新制という形で利用するようになっており、数年ごとに更新時期が設けられており、その都度更新を行って利用します。

この更新時期が1年単位の所もあれば2年ごととされているところもあり、更新料も家賃の20%くらいの会社もあれば、100%の会社もあります。それぞれの会社ごとに異なっていますし、保証会社によって初回の保証料も違っていますので、入居期間をトータルで考えて比較検討するようにしましょう。

そして、こうした保証料がトータルでリーズナブルな会社を選ぶと、それだけお得に保証サービスを利用できますので、初回だけでなく更新時も忘れずに比較しておくことが大切です。自身が家賃の滞納をしなければさまざまな点でいろいろとトラブルを回避できるのが家賃保証サービスでもありますので、保証会社を利用する際にはこうした点に注意することが大切です。

併せて、賃貸物件を退去する際の明け渡しの費用負担などに関するトラブルでの未払いについても、新しく社会人となる人は気を付けておくようにしましょう。明け渡し時の費用負担の問題があれば、次回の賃貸住宅の家賃保証審査でとても不利となるような記録として登録されるといわれています。

たとえ自身には正当な理由がある場でも、貸主・管理会社とトラブルになることがあれば次に賃貸借契約を結ぶ際に不利になることがあるため、この点にも十分に注意するようにしましょう。

 

新しい部屋で一人暮らしを始めたいという新社会人の方も多い中、部屋を借りるにあたり家賃保証会社の利用が必須となっている物件も増えています。家賃保証サービスを利用すると、貸し手と借り手の双方にとって家賃滞納が起こった場合に代位弁済をしてもらうことができるので安心です。

しかし、このような便利なサービスも利用する上で注意点があり、安易にこのようなサービスを利用することは将来的に保証会社の審査に通過しにくくなるリスクにつながってしまうなど、注意点がいろいろとあります。

また、信販会社などが提供している家賃保証サービスを利用する場合、クレジットカードの審査に通過するかがポイントになるなど知っておくべきこともあります。新しい生活を安心してスタートさせるためにも、こうした注意点について知っておくようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧