おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社の仕組みと利用するメリットを知ろう

家賃保証会社を利用するためには、事前にいくつかの知識を頭の中に入れておく必要があります。特に、お金が絡むことですので満足できる保証会社を選ばなければいけません。

そこで、どのような保証会社がよいでしょうか。仕組みやメリットなども事前に確認しておくことが必要になります。

どのような仕組みになっているかを理解する

これから家賃保証会社にかかわりをもつ場合には、いったいどのような仕組みになっているかを事前に理解しておかなければいけません。まず、オーナーの立場に立つと家賃保証会社の役割がわかりやすいです。

オーナーとしては、自分の所有しているマンションやアパートなどを入居者に課してその家賃で生活をしています。つまり、家賃を支払ってもらうことで収入を得ているわけですが、移住者の中には家賃の支払いをしない人もいます。これは地域や建物によってその割合は異なるもののおよそ1割かそれ以下の 住人は毎月決まったときに賃料を払ってくれません。

特定の人が何度も支払ってくれないパターンもあれば、不特定多数の人が支払ってくれるときと支払ってくれないときがあることも考えられます。もちろん、家賃の支払いを忘れたからといって必ずしもそこに悪意があるわけではりません。例えば、銀行から引き落としになっている場合うっかりしておりお金が入っていないこともあります。高い買い物をしてしまい、家賃の引き落としの場合にそちらの買い物の引き落としがされてしまい家賃が支払えなくなる場合です。

また中には、意図的に支払おうとしない人もごくまれにいます。このように、さまざまなパターンはあるもののいずれにしてもオーナーとしては確実に家賃を手に入れたいと考えるでしょう。そこで考え出されたのが連帯保証人です。連帯保証人は、どのような理由があっても被保証人が賃料を支払わなければ連帯保証人の責任になってしまいます。

このように、連帯保証人がいれば取りあえず物件のオーナーとしてはお金を確実に取れるようになりました。ところが最近は、連帯保証人を付けることができない人が増えています。これは、外国人の入居者や親族がいない人あるいはいたとしてもすでに年金暮らしになっている人などが考えられるでしょう。そうすると、入居者自体が非常に少なくなってしまう傾向があります。

また、仮に連帯保証人がいたとしても、連帯保証人が自己破産してしまった場合オーナーは家賃を回収することができなくなってしまいます。連帯保証人は責任が重いですが、一応人間である以上は自己破産で債務を避けることが可能になるわけです。

このように考えれば、今までの制度では十分なお金を手に入れることができない可能性が出てきてしまうでしょう。そこで考え出されたのが、家賃保証会社になります。もし、入居者が滞納してしまった場合には、家賃保証会社の方でオーナーに対して代位弁済をおこない、支払った分のお金を入居者に請求する形になります。

オーナーとしては入居者を増やすことができる

家賃保証会社を利用する場合、その仕組みがわかったとしても、どのようなメリットがあるか今ひとつわからない人もいるはずです。そこで、オーナーの立場から見たメリットを見てみると、まず入居者が増える傾向にあります。オーナーの目的は、物件を貸すことでそこから家賃収入を得ることです。ですが、物件の入居者がそもそもいなければ、家賃収入を得ることができませんので目的を達成することが不可能です。

そこで、保証会社を利用することで、多くの入居者を見つけることができる可能性が高くなります。その仕組みを見ていくと、まず入居者は、連帯保証人が必要になります。しかし、最近の傾向として連帯保証人を付けることができない人が増えていることは前述したとおりです。

もし、連帯保証人を付けることだけを条件としてしまうと多くの人が入居できずオーナーとしても家賃収入の見込みが少なくなります。そこで、連帯保証人がいない場合でも家賃保証会社を利用することにより入居できるとすれば、連帯保証人がいなくて入居できなかった人たちが、入居できる可能性が高まります。オーナーとしてもありがたいことと言えます。

ただし、保証会社は入居する人の審査をおこなっています。そのため、だれでも入居できるわけではありません。そのときの条件のひとつが、入居する人の収入です。基本的に 1年間の家賃の合計額が、入居する人の年収の1/3以上になる場合には入居することができないとされています。例えば、入居する人の年収が300万円だったとします。これに対して、毎月の家賃が10万円で1年間に支払う家賃が120万円だった場合には、年収の1/3を超えてしまいますので基本的に借りることはできないでしょう。

また、保証会社によっては条件がより厳しいところもあります。例えば、1年間の家賃の合計額が入居する人の年収の1/4以上にならないと審査に通してくれないところもあるわけです。これは、保証会社によってあらかじめ規定されていますので、より魅力的な方を選ぶのがよいでしょう。

入居者にとってのメリットは何か

家賃保証会社を利用する場合、入居者がメリットを感じることもあります。その理由のひとつが、連帯保証人がいない場合です。連帯保証人になる人は、親族が多いです。実際に、学生ならばその親がそして社会人になっても親が働いている場合には親が連帯保証人になることがあります。

逆に、他人が連帯保証人になってくれるようなことはまずありません。なぜなら、連帯保証人は検索の抗弁権がなく催告の抗弁権があるからです。どのような意味かといえば、連帯保証人は、入居者が家賃を支払わない場合、必ず入居者に代わってその分の代金を支払わなければならないことを意味しています。しかも理不尽なことに、入居者が財産を隠し持っていることを連帯保証人が知っていても、連帯保証人がオーナーから請求された場合には絶対に支払わなければならないものです。いくら入居者が財産をたくさんもっていても、連帯保証人が損をする形になります。

一方で、連帯保証人が複数いる場合、一人の連帯保証人を選んで支払うように請求された場合、全額を支払わなければなりません。本来連帯保証とは、保証人が5人いる場合には5等分して債務を支払うのが普通になります。しかし、連帯保証人になっている場合には、一人の保証人に請求がおこなった場合、ほかの保証人がいたとしても請求を受けた保証人が全額支払うことになります。

このように、理不尽な役回りになりますので、普通は他人が連帯保証人になってくれることは滅多にありません。たまに、その事実を知らずに保証人になる人もいますが、後で大きな問題になりえます。このように、連帯保証人になってくれる人は限られますが、唯一の頼みの親族が連帯保証人になれない場合には、そもそも物件を借りることができなくなってしまいます。そこで、家賃保証会社を利用することで、連帯保証人がいなくても物件を借りることができるため、入居者にもメリットがあると言えるでしょう。

 

家賃保証会社は、入居者が家賃を支払わない場合にオーナーに対して代位弁済をして支払ってくれます。家賃を支払わなかった入居者は後で保証会社から請求を受けることになるでしょう。

オーナーが保証会社を利用するメリットは、より多くの入居者を迎えることができることです。これに対して、入居者にとってのメリットは、仮に連帯保証人が周りにいない場合でもその物件を借りることができることでしょう。もちろん、審査に通ることが重要になります。

サイト内検索