おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社それぞれの強みを確認して選定に役立てよう

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/09

賃貸物件は連帯保証人を必要としているところが多いですが、最近は、連帯保証人とは別に家賃保証会社を利用する人が増えてきています。

家賃保証会社にもいろいろな種類がありますが、それぞれどのような特長を持っているでしょうか。

選定する場合の基準としてその強みなどを見ていきましょう。

規模が大きなところの強みは何かを知る

もし、管理会社がオーナーのために家賃保証会社を選ぶとすれば、比較的大きな規模のところを選ぶことが少なくありません。大きな会社の強みの1つは、資金源がしっかりしていることです。

そのため、入居者が仮に何ヶ月か家賃を滞納したとしても、資金難に陥ることはないでしょう。資金難に陥ってしまうようなところは、無理な取り立てをしてしまう可能性があります。保証会社の存続自体が危うくなってしまうためです。これを避けるためには、規模が大きいところのほうが安心できるわけです。

しかもある程度規模が大きい会社は経験が豊富となっています。経験豊富なことがどのようにメリットや強みになるかと言えば、入居者がなかなか家賃を払ってくれない場合に上手に説得することができることです。もし、保証会社が無理に説得するようなことがあったりあるいは無理やりな取り立てをするようなことがあったりするならば、退去者が続出する可能性があります。

入居者の中でも滞納している人としては、何らかの罪悪感を持っているはずです。それにもかかわらず、強引な取り立てをしてしまうとそこに入居することを避けるようになるでしょう。もちろん、その人だけ退去すれば問題ありませんが次から次に退去してしまう恐れがあります。そうすると、悪い口コミなどが広まってしまう可能性も否定できません。

例えば、インターネットの掲示板などに書き込みをされた場合には、不特定多数の人に見られてしまうでしょう。そうすると、たまたまその掲示板を見た人が入居を避けるかもしれません。オーナーとして1番避けたいことは家賃収入がなくなることです。そのため、少しでも悪い噂が起こることを可能な限りなくしていかなければならないわけです。後は、大きな会社ほど信用できる点が強みと言えるでしょう。大きな会社は十分と言えるほどの実績があることも少なくありません。

小さな会社を選ぶときのメリットとは何か

家賃保証会社には、小さな会社も存在しています。小さな会社といっても、それなりに資金があるところに限られるでしょう。ただ、全国展開していないだけで地元密着型のところになるわけです。地元密着型のメリットは、その地元についてとても詳しいことです。地元に詳しいことがどのような強みになるかと言えば、その地元のことを知ることで入居者の属性がわかることがあります。例えば、地域によっては全く家賃を滞納しないようなところもあるでしょう。

東京の一等地などは、賃貸住宅があったとしてももともとそこに住んでいる人やこれから住もうとしている人はそれなりにお金がある可能性が高いです。お金がない人は、そもそも審査に通りませんので、滞納以前に入居できない問題があります。人気の地域は、入居すること自体が難しいことを考えれば、入居者の質が高くなっても当然といえます。

その一方で、地方などでは家賃を滞納する人が都会に比べると多い地域もあります。そのようなところの情報をあらかじめ知っておくことで、入居者の実態をあらかじめ知ることができるようになるでしょう。

後は、地元密着型の企業は比較的面倒見が良いのが特徴になります。例えば、書類作成などに不備があった場合でも、すぐに不動産会社のほうに差し戻すわけではなく自分たちで訂正できるところは訂正するようにしているところもあります。これにより、面倒臭い書類のやり取りなどを簡略化することができます。もちろん、お客さんが記入しなければいけない部分などはお客さんに書いてもらわざるをえませんが、そうでない部分は保証会社のほうで訂正することで迅速に結果を出すことができるわけです。

サービス内容が充実している点も大きな魅力になります。例えば、オーナーとしては誰が賃料の支払いをしていないかすぐに把握できないことがあります。昔のように、直接大家さんが取り立てをおこなっていた頃とは異なり、今では一括して管理会社が管理しているのが特徴です。

そのため、たとえ誰かが賃料を支払わず滞納してしまったとしてもオーナーとしてはその事実を知らないことがあります。ですが、地元密着型の保証会社の中にもサービスが充実しているところは逐一その情報を教えてくれるでしょう。仮に、わずか数日程度の滞納で保証会社が代位弁済しない場合でもその情報を教えてくれる可能性があります。このように、サービスが充実しているところを選ぶことで、安心して任せることができるようになるでしょう。

審査に関して強さを持っているところもある

家賃保証会社は、入居者に対して審査をおこなう仕事があります。家賃保証会社が直接審査をおこなうことで、その人が果たして家賃を支払うことができるかどうかを判断するわけです。このとき、審査を緩くしてたくさんの入居者を迎えたほうが良いのか、それとも審査を厳しくして厳選した人だけを住人として迎え入れたら良いのか迷うところです。実はこれに関しては、状況によって結論が分かれるところです。

例えば、賃貸物件を借りる入居者があまり家賃を滞納しないような地域に関しては、よほど問題がない限り入居させたほうが良いことが多いです。もちろん物件の種類にもよりますが、可能な限りたくさんの入居者を出したいとオーナーが考えている場合には積極的に入居させるべきです。

つまり、審査を緩くして多くの人を迎え入れたほうが良いと言えるでしょう。たくさんの人を迎え入れたとしても、もともと滞納するような人がいないとすれば特に問題はありません。オーナーとしては、とにかく家賃収入があったほうが嬉しいわけですので、この場合には審査が緩い保証会社を選ぶのが良いでしょう。

これに対して、審査が厳しいほうが良いこともあります。これもオーナーやその土地柄によって変わってきます。オーナーとしては賃料の滞納などのトラブルを起こしてまで家賃収入は要らないので、とにかくある程度住む人を厳選してほしいと考えている人がいるとすれば、審査が厳しいところのほうが良いはずです。

例えばオーナーとしても、過去に何度かその物件に住んでいる住人がトラブルを起こしている場合です。最近は管理会社のほうでトラブルに対応してくれることが多いですが、それでも住人に問題があるとすればオーナーとしても不安になってしまうものです。そのような条件の場合、審査の厳しいことを強みにしている保証会社が良いでしょう。

地域に関しても、比較的家賃滞納を当たり前にしてしまうような地域があるとすれば、審査は確実に厳しくしたほうが良いです。審査の基準に関しては、1年間に支払う賃料がその人の年収の3分の1を超えているかどうかで判断することが多いですが、審査を厳しくしたいならば1年間に支払う賃料が、その人の年収の4分の1を超えるかどうかで判断するのが良いです。

 

家賃保証会社を利用する場合、その強みを知ったうえで選定するべきです。例えば、大手の保証会社の場合には倒産する危険がないと言う強みを持っています。そのため、滞納する人が何人かいたとしても、それほど大きなダメージはないでしょう。途中で保証会社を変えなければならないといった煩雑さもありません。

逆に地元密着型の強みといえば、なんといっても地元のことをよく知っていることです。その上、細かなサービスまでしてくれるようなところもあるでしょう。それ以外では、審査に関して強みを持っているところもあります。

サイト内検索
記事一覧