おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

生活保護を受けていても家賃保証会社の審査には通る?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/05/07

賃貸物件を借りる場合、大抵の場合家賃保証会社のへの加入が求められることが多いです。賃貸物件のオーナーである大家さんの審査はもちろんのこと、保証会社の審査も受ける必要があります。ここでは、生活保護を受給している人が、賃貸物件に入居する際の家賃保証会社への審査にパスする可能性があるのかについて解説していきます。

審査に通る可能性は低いと言ってもいい

生活保護を受ける人にとって入居審査は怖いと思うのではないでしょうか。入居審査に通らなければ賃貸物件に住むことができません。入居審査に受からなければ、住むところがなくホームレスになる恐れがあります。結論から言うと、入居審査に通る可能性はゼロではありませんが、可能性は低いと思っておいたほうがいいです。

どの保証会社も同じような基準で審査をしているわけではありませんので、A社では審査が通らなかったとしても、B社では審査が通るということが十分に起こり得ます。数ある保証会社の中から審査に通りそうなところを探す必要があるということです。

生活保護を受けるくらいなので、収入が今後上がるという可能性は低いでしょう。入居する賃貸物件の家賃と収入とのバランスが明らかに悪ければ、入居できる可能性は低いです。

例えば、収入が月々10万円しかないのに、月々8万円ぐらいの物件が借りられるわけがありません。これでは生活のバランスが崩れすぎて、生活を成り立たせることができないはずです。

収入に対して適切な家賃のラインがありますので、それに見合っていなければ入居する可能性は低くなります。入居審査もそういうバランスをしっかりとチェックしているということです。

入居審査には大家さんによるものと保証会社によるものの2種類がありますが、保証会社がOKを出すことができるのであれば、大家さんがバツを付けていたとしても、入居審査に合格する可能性が高くなります。大家さんの立場は、保証会社が入居者に対して保証をしてくれるのであれば、別に入居を認めてもいいという考えに至ります。

まずは不動産会社に相談したほうがいい

賃貸物件に住みたいということであれば、まず不動産屋に相談をしたほうがいいでしょう。相談するときには生活保護を受けている旨をきちんと伝えることが重要になってきます。

そういう事情があるのであれば、どうしたら入居審査に受かりやすいのかというアドバイスを受けることができます。そのアドバイスを活かすことで、入居する可能性を高めることが可能です。

いろいろな事情があることは十分に分かるのですが、相談相手である不動産屋に対してはできるだけ事情を明かしておいたほうがいいでしょう。家賃を滞納した経験があるならば、滞納した時期やそのときの家賃保証会社などを聞かれる可能性があります。

一度滞納したことがある保証会社については、入居審査で間違いなく落とされると言ってもいいでしょう。同じ保証会社に対して入居審査の申込をしたとしても、可能性はゼロに近いですので、そういうところは避けるべきです。

不動産屋であればどんな賃貸物件でどの保証会社を利用しているのかという情報を持っているでしょうから、その情報網を十分に活用してください。自分だけではそういう情報網を集めることが難しいでしょうから、できるだけ不動産屋を味方につけるようにします。

不動産屋であれば、収入が低い人でも入居審査に受かりやすい保証会社を知っていますので、そういう保証会社が取り扱っている賃貸物件を紹介してもらうことが可能です。はっきり言って贅沢を言っていられる立場ではありませんから、そういうところの紹介を素直に受けておいたほうがいいでしょう。

連帯保証人を付けることができれば可能性は上がる

大家さんにしても家賃保証会社にしても、生活保護受給者というだけで敬遠したくなる気持ちが強い傾向にあります。収入がそもそも少ないですから、家賃を滞納する可能性を懸念されます。その疑念を払しょくできなければ、入居するための審査に通ることはありません。

生活保護受給者がより入居審査に通る可能性を高める方法は、連帯保証人になってくれる人を探すことが重要になってきます。しかも、収入が高くて信頼できる連帯保証人を付けることができれば、入居審査をパスする可能性を高めることができるでしょう。

どういう連帯保証人を連れてくるのかということがポイントです。連帯保証人が信用できないのであれば、入居審査に通る可能性が低くなります。

もし入居者が家賃を滞納したということであれば、入居者ではなく連帯保証人に対して滞納分の家賃の請求をすることができます。連帯保証人はその請求を断ることができませんので、入居者の代わりに滞納分の家賃を支払う必要があります。

滞納分の家賃を支払うことができるような財力を持っていないといけないことになります。連帯保証人になるということはとても重い責任があるということを認識したほうがいいです。

連帯保証人がどういう責任があるのかを把握した上でなってくれたということであれば、入居者のことに対して信頼していることの証になりますので、入居審査において通る可能性が高くなるということです。

連帯保証人なしとありとでは、入居審査における安心度が異なってきますから、連帯保証人を付けることができるのであれば、何とかして付けた方がより入居がしやすくなります。

 

賃貸物件において入居審査の重要度は高いですから、少しでも住民トラブルを招く人や家賃の滞納をする可能性が高い人については、入居審査において落とす傾向があります。生活保護を受けている人は後者に該当しやすいですので、入居審査に落ちる可能性が高いです。

生活保護の受給者は一度家賃の滞納をしてしまったら、収入が上がる可能性が見込めませんので、次々に滞納をしてしまい、家賃保証会社が困ってしまう事態に陥りますから、こういう人の審査は厳しい傾向にあります。

生活保護を受けている人が少しでも入居しやすくするためには、不動産屋の助けと連帯保証人を付けることの両方が必要になってきます。不動産屋に相談することで、少しでも審査に通りやすい保証会社が扱っている物件を紹介してもらうことができます。




サイト内検索
記事一覧