おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社は外国人入居者を受け入れるときも頼りになる

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/18

外国人労働者は、今後増加することが予想されるため、賃貸オーナーの中にもその対応をどうしたらいいのか悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、外国の方を入居者として受け入れた際に起こり得るトラブルや、家賃保証会社を利用することによって解決できることなどについて紹介します。

どんなトラブルが予想されるのか

外国の方を入居者として受け入れる場合、通常とは違うトラブルが起こってしまうことがあるため、まずはどんなトラブルが予想されるのかを知っておきましょう。

1つ目に挙げられるトラブルは「家賃の滞納が起こりやすくなってしまう場合がある」ということです。通常の賃貸契約でも家賃滞納は増えていると言われていますが、外国の方の場合は、通常とはまた違う事情で滞納トラブルが起こることがあります。

その事情とは何かというと、外国から働きにきた労働者というのは賃金が低く抑えられていて、生活が苦しいケースが少なくないということです。そのため、給料を生活費に充てることが優先されて、家賃の支払いが遅れてしまうということが起こりやすくなります。

あるいはその外国の方の国民性が、あまり細かいことを気にしないといったものだった場合は、家賃の支払期限を忘れていたり、平気で支払いを遅らせることもあります。それに国民性でそうなっている場合は、注意をしても理解してもらえずに苦労してしまうこともあるでしょう。

2つ目に挙げられるトラブルは「言葉が通じないため問題は発生してもなかなか解決できない」ということです。滞納した家賃の支払いを迫ることぐらいはできるかもしれませんが、裁判を起こすことや退去して欲しいことを伝えるときは、相手との話し合いが必要になります。

当然、言葉が通じないと話し合いをするのも困難になるため、そのことを面倒に思って諦めてしまうオーナーも少なくありません。しかし家賃を毎月きちんと支払ってもらうためには、相手と話し合いをすることは避けられない道だと言えるでしょう。

3つ目に挙げられるトラブルは「連帯保証人が立てられないことが多いため賃貸契約ができない」ということです。日本の一般的な賃貸では連帯保証人を立てることが必須となっており、入居者が自分の親などに頼むケースが多くあります。

しかし外国の方の場合は、自分以外に身寄りがないという場合が多いですし、そうなると連帯保証人を用意することができなくなってしまうのです。賃貸のオーナーとしてはできるだけ多くの入居者を集めたいと考えていても、連帯保証人を用意できない人に貸すのはリスクがあります。

連帯保証人というのは、家賃が支払えなくなってしまった場合にそれを入居者に代わって支払う義務を負っている人なので、連帯保証人がいないと滞納家賃を回収できないという事態になってしまいます。

家賃保証会社を利用するとトラブルの解決ができる

賃貸で外国の方を受け入れた場合に起こり得るトラブルは先ほど紹介した通りですが、そうしたトラブルを避けたい場合は外国人向けの家賃保証会社を利用すると便利です。

まず1つ目の「家賃滞納が起こりやすい」という問題については、家賃保証サービスを利用すると滞納された家賃を保証してもらうことができるため、しっかりと家賃収入を確保することができます。家賃保証というのは、滞納家賃を保証会社が肩代わりしてくれるサービスなので、滞納が発生したことが分かれば速やかに保証会社側から支払いがおこなわれるのです。

しかも家賃保証のサービスは、単に滞納家賃の支払いを肩代わりしてくれるだけでなく、家賃を回収するサービスもおこなっています。そのため、ルーズな国民性のために滞納しがちな入居者であっても、オーナー本人が手を煩わせる必要がありません。

2つ目の「言葉が通じない」という問題については、外国の方に対応できる家賃保証サービスを選べば、さまざまな面でのサポートを受けることができます。こうしたサービスを提供している保証会社の場合は、入居の相談や賃貸契約、そして入居後のことまでトータルに対応してくれるため、オーナー本人が外国語を話せなくても困ることがありません。

外国の方の場合は、家賃の支払い以外にも、電気やガスの使い方が分からなかったり、ゴミの出し方が分からないといった問題が起こりがちです。それに国民性の違いから、騒音などによって近隣住民とトラブルを起こすといった事態が起こることもあるでしょう。

しかし外国の方に向けた保証会社であれば、入居後のさまざまなトラブルにも対応してもらうこともできるので安心して任せることができます。言葉が通じないから面倒ということを理由に外国の方の受け入れを諦めているオーナーが多いかもしれませんが、こうした家賃保証のサービスを利用すれば、言葉の問題も解消できるのです。

3つ目の「連帯保証人が立てられない」という問題については、保証会社を利用することで連帯保証人を肩代わりしてもらうことができます。外国の方の場合は、連帯保証人を用意できないケースが多いため、通常であればその時点で契約を断るしかありません。

しかし家賃保証というのは、連帯保証人を代行するサービスでもあるので、それを利用することによって保証人を立てられない人とも賃貸契約を結ぶことができるようになるのです。通常であれば断るしかないケースでも、保証会社を利用することで受け入れることができるようになるため、入居者を増やすことにも役立つサービスだと言えるでしょう。

その他のメリットについても知っておく

家賃保証会社を利用することで得られるその他のメリットとしては「裁判や退去の要求も保証会社がやってくれる」ということが挙げられます。外国の方の場合は、ルーズな国民性などによって家賃の支払いが滞ってしまうケースも少なくないのですが、滞納が長引くと裁判や退去要求をすることが必要になることがあります。

しかし、オーナー本人がそれをやろうとすると言葉が通じないといった問題があるため、上手くいかないことも多いでしょう。ですが、外国の方に対応した保証会社を利用すれば、裁判などの対応も引き受けてもらうことができるので、オーナー本人が面倒な対応に追われることもありません。

そして保証会社を利用すると「敷金・礼金といった初期費用を引き下げて募集することができる」というメリットもあります。保証会社を利用すれば家賃滞納の問題を少なくすることができるため、その分、いざというときの保証金という性格を持つ敷金などの初期費用を安くすることができるのです。

賃貸の初期費用は家賃数カ月分といった高い金額になる場合が多いのですが、その費用を安くできれば、手持ちのお金が多くない外国の方も入居しやすくなります。そのため、オーナー側としても初期費用を下げることが入居者の増加につながり、結果的に空室対策になるのです。

家賃保証のサービスを利用する場合は、入居者が保証料を負担する必要があるのですが、通常の初期費用と比べると安く済むため入居者の負担も軽くすることができるでしょう。

 

外国の方を入居者として受け入れると、家賃滞納や言葉の問題、そして連帯保証人が立てられないといったトラブルが起こりやすくなります。しかし外国の方向けの家賃保証会社を利用すると、連帯保証人の代行や滞納家賃の支払いを肩代わりしてもらえますし、外国の方に対するさまざまなサポートを受けることができます。

その他にも、保証会社を利用すると、滞納が長引いた場合の裁判や退去要求の対応も任せておくことができて安心です。

サイト内検索
記事一覧