おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社が安全か見分ける方法

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/04/10

家賃滞納者が増えている為に大家さんは頭を悩ませています。家賃滞納対策として家賃保証会社を導入しているという大家さんが増えているのが現状です。

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会から発表されている日管協短観によると、2ヶ月以上滞納率は年々増加しています。

 

家賃保証会社を利用するメリットとデメリット

家賃保証会社は連帯保証人の立場となります。大家さんからすると、回収できないというリスクを軽減する事ができます。借主からすると、連帯保証人を立てる事なく賃貸物件を借りる事ができるようになるのが良い点です。

連帯保証人を頼むのは心理的な負担がかかります。その負担も軽減する事ができます。契約内容によっては、家賃保証会社と連帯保証人のどちらも必要な場合があるので確認しておく必要があります。

賃貸物件を契約する際には入居審査が必要です。入居審査には収入や人柄の確認が必要になります。賃貸したのは良いけど家賃を支払ってくれない困ります。賃貸物件の契約に自信がない場合、家賃保証会社を利用する事を考えましょう。

事前に不動産会社に相談をしてみましょう。家賃を滞納した場合は貸主や不動産会社からの催告と比べて家賃保証会社の方が厳しくなります。売上に直結するからです。

家賃の立て替えをしてくれる会社だからと言って、繰り返し家賃の滞納をしていれば更新にも応じてもらえなくなります。また、更新時の保証料も安くなる事もあります。極力、家賃を滞納する事がないようにしてください。

 

家賃保証会社を利用する際の注意点

保証会社は収納代行や代位弁済で滞納家賃を支払います。代位弁済と滞納を確認してから、後で請求をする事です。大家さんが入金管理を管理会社に任せていた場合、管理会社の担当者が休暇に入っていて代位弁済請求が免責期間を超えてしまうという事もありえます。

代位弁済請求は免責期間があり、その期間内に代位弁済請求をしないと保証してくれません。保証会社によっては派手に自力救済をしている場合があります。家賃を滞納している入居者が悪いのは間違いないです。

しかし、その入居者に対してあまりにひどい取り立てをして、訴えられると負けてしまいます。大家さんも会社の派手な対応で被害を受けてしまう可能性があるので注意が必要です。

基本的には大家さんが会社を選ぶ事はありません。ほとんどの契約は管理会社か仲介店が選んだ保証会社を使っています。管理会社や仲介店からすればマージン比率が高い方を選ぶ方が得なので高い方を選びます。

大家さんは保証の内容などに問題がなければ不利益はないので問題ありません。怪しいウワサのある会社でなければ、安全なので任せても大丈夫です。

 

適性な業務を行っているかの確認は必要

家賃の滞納が起きた際に保証会社は入居者から家賃を回収しなければ損をしてしまいます。大家さんは保証会社に立替えてもらっているので収入を得られない事はありません。

会社の利益にも関係するため、悪質な取り立てをする事も考えられます。家賃を回収するという事自体は悪い事ではありませんが、明らかにやりすぎている取り立ては、物件自体の評判を悪くしてしまい他の入居者が退去してしたり、入居者が決まる事なく空室率が高くなってしまう可能性があります。

実際に業界で行き過ぎた取り立てが社会問題化しているのが現状です。この問題に適切に対応するために一般社団法人全国賃貸保証業協会などが設立されています。協会の設立によって行き過ぎた取り立てを行う業者に対しての監視の目を光らせています。

安全で良質な会社を見極める方法として、団体に所属しているかどうかも、1つの判断ポイントとなります。団体は自主規制ルールを定めていて所属している会社はそのルールを遵守するようになっています。勝手な判断基準で取り立てを行う事がないので安心だと言えるでしょう。

 

家賃保証会社を選ぶ時の見るべきポイントについて

家賃保証会社を選択する上で最重要な事は滞りなく入金確保ができるという事です。家賃を保証してくれる存在の家賃保証会社は、高齢化が進んでいる日本では重要な役割を担っています。

家賃保証会社では、一般的に家賃や共益費、契約更新料を滞納した場合に立て替えます。その他にも、水道や光熱費、町内会費やネット料金などを保証します。入居者は家賃保証会社に支払いをしなければなりません。

大家さんは、会社の依頼にあたって一切の費用を自己負担する必要がありません。保証会社によって保証委託料の設定額が違います。入居者が多くて人気がある場合は保険料が高くなります。

物件価値をしっかりと見極めて、妥当な料率を提示してくれるところを選びましょう。会社を選ぶ際には会社の経営状況もしっかりとチェックする必要があります。

良い会社は、営業利益が良くて、借金をしていない事と資本金が充実しているという事です。このような会社は保証の範囲も広く設定されていて、立替日数も短期の場合が多いので依頼がしやすいです。財務基盤の指標となる現預金比率が100%に近いほど、安全性が高いとされているので注目です。

 

おすすめの家賃保証会社について

株式会社グローバルトラストネットワークスは家賃保証事業だけでなくて、日本在住の外国人の部屋探し事業も手がけています。優秀な外国人の人材を紹介する外国人専門の生活総合支援サービス会社です。

10,000社の不動産管理会社との連携実績や、24時間対応している多言語カスタマーサポートなどは外国人向けに特化したサービスだと言えます。外国人入居者を獲得したいという方にはぴったりな家賃保証会社と言えます。高齢化や核家族化が進んでいる、日本では家賃保証会社の利用の割合が増えていく事は止めようがない事実です。

利用者を増やす為に国外の人に対しての居住についても考慮しているのが特徴的です。今まで日本にいる国外の人を対象として、お部屋探しサービスを提供しています。不動産事業でも有名な会社です。

入居時だけの対応だけでなくて、入居後も24時間、様々な国の言語に対応できるようにサポート体制が充実しています。  外国人入居者だけでなくて、賃貸オーナーもしくは、大家さんは国外の居住者からのお問合せを全て任せる事ができるので、トラブルを心配する必要もありません。

 

これからは外国人に対応してくれる会社選びが重要

これからは、日本人限定の賃貸よりも外国人も受け入れてくれるような保証会社が需要があります。コンビニでも外国人のアルバイトが多くなっています。

外国人労働者は2010年の約60万人だったのが、2017年では約120万人と2倍に増えています。日本人ではなくて外国人をターゲットにするのには、このような背景があるからです。外国人をターゲットとしたほうが入居者にとってもメリットがあるのです。

日本に来た国外の人にとっては家族などの身近な方がいないので保証人に頼る事ができません。保証会社に依頼をする事で保証人が代わりとなってくれます。国外の方が保証会社に依頼をする際に問題となるのが言語です。言語の壁も国外のスタッフを介して説明等をしますので問題ありません。

オーナーは直接、国外の人と交渉をしなくても良いというのと、家賃の滞納のリスクが少なくなります。保証会社を介しておく事で適切な対応をしてくれます。国外の人の居住者数は今後も増加をしていくでしょう。時代の並みに乗り遅れない為にも、外国人に対応してくれる会社を選択するようにしましょう。

 

保証会社の役割と重要性について理解ができたでしょうか。日本にも、たくさんの外国人が入ってきている現状に合わせて保証会社もターゲットを広げています。

これから、需要が高まっていく事が予想される事からたくさんの保証会社が出てくるでしょう。悪質な会社には騙されないようにしてください。

サイト内検索
記事一覧