おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社のサービスには家主の損失を補償するプランなどさまざま

家賃保証会社の主な業務は、入居の際に求められる連帯保証人に代わって、賃料の債務不履行による損失を補償することです。

しかし、社会ニーズの高まりとともに保証会社の競争が激しくなり、家賃保証だけでなく付帯するサービスが生まれています。

 

最も基本的な家賃保証を理解することが大切

家賃保証は家主にも入居者にもメリットがあります。

部屋を借りる際に家主は、家賃が滞るリスクを減らしたいので連帯保証人を求めます。

しかし核家族化など家族をとりまく環境によって、連帯保証人を探すことが困難なケースがあります。

そんなときに有効なのが家賃保証会社です。

入居者には一定条件さえ満たせば、連帯保証人を探す時間を省いてスムーズに入居できますし、家主にすれば保証人よりもむしろ確実に賃料を回収できるので安心です。

家賃保証会社は数十社あり、各社サービスが異なるため入居者が選択できれば便利ですが、一般的には賃貸借と同時に保証契約も結ぶため、不動産会社が選択した会社に保証を依頼するのが実情です。

ただ不動産会社によっては選択肢を複数社提示してくれる場合もあります。

契約のプロセスは賃貸借と別ですが、保証依頼は不動産会社を介して行うので手続きの手間が増える煩わしさはありません。

審査結果も同様ですから、条件さえクリアしていれば問題なく契約が成立するでしょう。

家賃保証会社の最も基本的なサービスが家賃保証なので、その点は十分理解する必要があります。

 

家賃保証のプラン、立替払い型と代位弁済型

家賃保証会社が家賃の滞納を保証することが理解できても、支払日はいつなのか家主には気になる問題です。

滞ってから数ヶ月後ならば資金の計画が立てにくくなり、滞納が続いた場合の対応にも影響します。

したがって、これらプランの違いは、いつ賃料が入金になるのかという時期の違いと認識すると良いでしょう。

基本的に保証会社が遅滞した入居者に代わって家賃を支払うことに、変わりはありません。

それを理解した上で、立替払い型は家賃保証会社と家主が口座振替の契約を行っているプランです。

つまり、遅滞がなくても一旦保証会社が入居者の賃料を預かり、家主の口座に振替えます。

このプランのメリットは、家賃の滞納があるか否かに関係なく、通常通り振替えられることです。

一方代位弁済型は家主による遅滞報告を受けて、代わりに入居者へ請求するプランです。

このプランは原則入居者の支払いを待って家主に支払われる契約ですが、上限日数が決められています。

要するに立替払いは、遅滞がないのと同じように家賃が支払われ、代位弁済は入金までに若干のタイムラグがあるプランです。

 

家賃保証会社の経営悪化に備えて信託サービスを

入居者が依頼した連帯保証人は、信頼において家賃保証会社に及びません。

とはいえ家賃保証会社が経営破たんした場合に、家賃の滞納が重なれば、直ちに家主の不動産経営に悪影響が生じます。

こうした状況を予測した便利なプランが信託口座を利用する方法です。

契約当事者は他の家賃保証と何ら変わりませんが、口座の管理に違いがあります。

通常は保証会社または家主が口座を管理するものの、信託サービスを利用するプランは、別途金融機関に管理してもらう契約です。

この契約のメリットは、家賃保証会社が他の資金と別にすることで、万が一その会社が破たんした場合でも家主に振込まれるべき資金が金融機関に残る点です。

手続き上の手間は、入居者にも家主にも特になく、家賃保証会社が金融機関に信託するだけなのでリスク管理において優れています。

ただし、信託の手数料が上乗せされるケースがあるため、保証会社の経営状況および手数料のコストを比較検討した上で利用すべきでしょう。

破たんリスクが小さいにもかかわらず、長期に手数料を支払うのは賢明とはいえません。

その他保証会社を担保する制度が他にないので、その点の備えは大切です。

 

学生入居者に特化したプランもある

学生が賃貸する場合は、通常保護者が保証人になるケースが多いでしょう。

ただ保護者が病気などで保証人が見つけられないときには、家賃保証会社が便利です。

保証会社の中には、学割を適用するサービスがあります。

初回の保証料や更新料などが安く抑えられるので、特別な事情がある家庭にはありがたいものです。

学割サービスの注意する点は、申し込みに一定の条件が設けられていることです。

たとえば、家賃が10万円を超えると申し込めなかったり、学生である証明が求められます。

学割は入学と同時に入居する必要はなく、在学中に転居した場合でも申込み可能です。

留学生の場合は、認められないことがありますし、信販会社を利用したサービスなどは学生は申込めません。

学生は賃貸契約をよく理解せずに入居し、退去するときに多々トラブルになるケースがあるので注意が必要です。

保証契約料は、契約期間途中で退去した場合でも返金されません。

したがって、更新の際に短期の契約を望むときなどは、更新するべきか否か良く考えて契約した方が良いでしょう。

各社サービス内容が若干異なるので、事前確認は大切です。

 

家賃保証会社は入居者の味方になってくれるか

入居者にとって新規契約時には、連帯保証人の代わりをしてくれスムーズな入居を支援する点で、保証会社はありがたい存在です。

しかし、仕事や家庭の事情で従来どおり家賃を支払うことが難しくなったとき、保証会社が冷たく感じる可能性も否定できません。

こうした状況にあって各社対応は異なるものの、アドバイスなどサポートをしてくれる保証会社も存在します。

たとえば、賃金が削減されて家賃を支払えないとか、夫が入院したなどの悩みに対して、窓口を設け相談に応じます。

足りない分を補償してはくれないものの、公的支援が受けられるならば内容や条件を提示したり、より安価な物件を紹介するなど、悩みの解決に最適なアドバイスを与えてくれたりします。

債務弁済を肩代わりするため、クレジット会社のように厳格な印象を持っている方もいるでしょうが、そうでない会社もあるので契約の際はサービスはもちろん利用者の評価などを参考に、慎重に選んだほうが良いでしょう。

入居中だけでなく、退去時の敷金返還や証明が難しい原状回復についても相談できる会社もあります。

 

家賃保証だけでなく、サービス利用者ならではの特典も

家賃保証会社の基本サービスは、家賃が滞った場合に代わりに支払うことですが、利用者だからこそ受けられる特典を準備している保証会社もあります。

たとえば契約を結んだときにスイーツなどカタログギフトがもらえたり、安くブランド商品が買えたり、提携企業の商品を割引で購入できるなどのサービスです。

せっかく契約するのなら、こうした特典が付く保証会社を選びたくなるのが入居者の素直な気持ちでしょう。

とはいえ注意点もあり、契約料金が他社と比べて高いときには、いくらお得な特典があっても大きなメリットにはなりません。

またライフスタイルと照らし合わせて、付随する特典がよく利用するものかどうかの視点も大切です。

冷静に考えると特典よりも契約料が安いほうが、最適なケースもあります。

やはり保証会社選びは、家賃保証を基本に据えた上で、サービスの違いや特典に注目することが重要で、安易に契約をすることは本末転倒です。

保証内容など知りたいときには、公式サイトで確認したり、Q&Aを読むのも参考になります。

基本を押さえた上で、特典を楽しみましょう。

 

家賃保証会社は家主が選択している場合を除いて、さまざまな会社を比較することが大切です。

数十社の評価やサービスが掲載されているサイトが存在します。

厳しい対応をする会社もあれば、そうでない会社もあり、できるだけ利用者の視点に立った会社を選びたいものです。

サイト内検索