おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社の中には違法な取り立て行為をする業者もいる

家賃保証会社は、入居者から保証料を支払ってもらうことで入居者を保証するサービスを行うものです。メリットは家賃保証会社を付けることで入居者は保証人を用意しなくて済みますし、またオーナーも家賃滞納時に確実に保証されます。

しかし、家賃保証会社にはさまざまな業者があり、その中には必ずしも好ましくない対応をとるケースもあります。

 

そもそも家賃保証会社の仕事はなに?

アパートやマンションなどの居住用の賃貸物件を借りる時には、たいていの場合には保証人を用意することが求められます。しかし、核家族化が増えている現代において、この保証人を用意することが難しい人も多くなっており、用意できないために部屋を借りることができないという人も多くみられるものです。

このような問題を金銭的に解決できるようにしたのが家賃保証会社です。保証人になるのが家賃保証会社の仕事のひとつで、この時点では入居者の信用力を保証するだけのサービスです。ほとんどの人はそれだけのサービスなのですが、一方で利用者が家賃滞納を起こせば、契約通りに滞納したぶんをオーナーに支払うことになります。

ただし、この滞納したお金は支払った保証料から出されるわけではなく、弁済という形になるため最終的には利用者に請求が行われ回収されるものです。この時点になると今度はオーナー側の立場となり家賃滞納の回収を行うサービスに変わります。

このためメリットとしては、オーナー側の方が多く特に家賃回収の心配をしなくて良いので滞納リスクを軽減させるといった意味でも利用されるものです。

 

家賃保証会社を選ぶのはオーナー側

家賃保証会社といってもさまざまな業種が参入しています。基本的には不動産関係が中心であり、またもともとは不動産管理業のひとつとしてスタートしたものです。

しかしニーズが高まるに連れて異業種からの参入もあり、現代では信販会社など信用力を扱う業種も増えています。このため多数の会社が存在しており、その選択肢が多そうですが選ぶのはオーナー側です。

これは法律で決まっているわけではなく契約でそうなるから、というものになります。オーナー側としては入居者ごとに異なる会社にされても効率的ではありませんし、家賃滞納が起こった時の対応に関しても理解しておく必要があり、指定した会社を利用するように借り主に求める傾向にあります。

一方で家賃保証の業界団体も存在しますが、規制の厳しい貸金業とは異なって現状では自主ルールが徹底されているわけではありませんから、さまざまな会社が存在しているものです。

あくまでも契約によって決定されることですから、保証会社を変えることは交渉すれば可能ですが、たいていの場合にはオーナー側が指定した会社でなければ利用できません。このため多くの会社が存在するものの利用できるのは限られています。

 

オーナー側のメリットが強い家賃保証会社

家賃保証会社を利用してメリットが多いのは部屋を貸すオーナー側で、借りる側はデメリットが大きいものです。それでも市場規模が増えているというのは利用者にとってそれを利用しなければならない現実があります。

オーナー側では、家賃滞納時の不払いのリスクを避けることができ、またその後の対処も会社に任せるということが可能です。このため賃貸管理サービスのひとつとして認識されています。

一方で利用者側は家賃滞納さえしなければ、保証料を支払い保証をしてもらっているので問題はないのですが、滞納が発生したあとの対応が会社によって変わってきます。会社は家賃の取り立てやその後の対処を求めてくるものです。

ほとんどの家賃保証会社は法令を遵守して処理しますが、悪質な会社によっては強引な取り立てをすることも存在します。もちろん滞納した側が悪いのですが、違法な取り立てや追い出しといった行為は他の入居者に悪い印象を与えるものです。

悪い印象を与えることで他の入居者が出ていくことになりますし、悪い評判が立てば募集しても入居者が集まらず、家賃を値下げするなどの対応に迫られ収益が悪化する可能性もあります。

 

悪質な家賃保証会社を選ばないことが大事

悪質な会社は違法な取り立てを行うことも多く、強引な取り立てや退去は悪い印象や評判を生まれさせ、その結果賃貸物件としての価値を下げて収益を悪化させる原因にもなりかねません。このようなことを避けるためにも適切な対応をする会社を選ぶことがオーナー側にも求められます。

ひとつの基準は貸金業登録をしているかがポイントです。あくまでも家賃は債権であり保証会社はオーナーに代わって家賃債権の取り立てを行うことになります。この際に取り立てのルールを遵守できるかは、その法律を知っているかによります。貸金業登録をしている会社であれば、専門の資格を有した者が居なければ開業することができませんから、その点では少なくとも安心できます。

また入居者の信用調査の度合いも重要です。不動産業から発展した場合には信用調査が甘く結果として、家賃滞納を起こす可能性がある人物を審査で通してしまうこともあります。このため信用調査力に優れた会社を選ぶことで、将来的に起こるであろうトラブルを最小限にすることが可能ですし、トラブルが発生しても適切に対処することができます。

 

家賃保証会社に支払われる料金の注意点

保証料は入居者が支払うものであり、貸す側のオーナーは基本的には金銭的負担はありません。

しかし、保証料が大きくなるほど入居者にとっては負担が大きくなり、金銭面で折り合わず諦めるというケースも多くあります。このため相場の範囲内であるか知っておくことが大事です。家賃保証会社への保証料の相場は賃料に対して30%~100%で、その間が広いのはそれだけさまざまな会社が存在している証拠ともいえます。

また更新時には賃料の10%または1万円程度です。実際のところ高額賃貸は家賃の金額が大きいので30%以下になるのが相場ですが、一人暮らし向けでは100%とするところが多く見られます。

つまり3万円であれば保証料3万円が必要となるものですが、現実には3万円の物件を6万円で借りるという人は少ないので、入居者を増やしつつ家賃保証会社を使う場合には賃料を値下げするといった対策がオーナー側にも求められます。

契約を結んでしまえばオーナー側にとっては負担がないものですが、費用が大きいと返って利用することで入居者が集まらない要因になるので注意が必要です。

 

家賃滞納者に対する違法な対処を理解しておく

家賃は賃貸借契約に基づき支払われるべきものですが、何らかの事情で支払えなくなる人も少なからず存在します。このために敷金や保証金、それに保証人を立てたり保証する会社を利用するわけですが、家賃の取り立てに関してはオーナーも遵法されているものか理解しておくことが大切です。

また入居者側も真摯に対応することが求められます。 違法なものとしては、周囲に滞納していることを知らしめるような行為や夜間や職場に押しかけるといったことは貸金業法に抵触する可能性があるので厳禁です。家賃滞納でよく行われる対抗手段は鍵の交換で入室できないようにすることですが、これも過去の裁判で認められていません。

基本的には電話や手紙で督促します。それに応じない場合には内容証明郵便を使って滞納されていることを知らせ、応じない場合には賃貸契約を解除することを通告します。それでも応じない場合には裁判となりますが、たいていは借り主が失踪してしまうか、または話し合いでの和解することになります。

なお、部屋の明渡しは契約が解除されるか、裁判所が認めない限り行うことができません。いずれにしても、これらの作業を適切に保証会社が行うことが求められます。

 

家賃滞納は賃貸経営をする上でのリスクのひとつですが、保証会社を使ってリスクを避けることができます。

しかし会社によっては強引な取り立ても行われるため、利用する際には適切な処理を行う会社を選ぶことがオーナー側にも求められます。

サイト内検索