おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社の必要性と普及の背景について解説

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/18

近年は、賃貸住宅を借りる場合に連帯保証人を必要としていないところも増えてきました。その代わり、家賃保証会社と契約をするように言われることが増えてきています。ではそもそも、これはいったいどのような会社なのでしょうか。そして、普及するきっかけや必要性なども理解しておきましょう。

家賃保証会社とはいったいどのようなものか

近年賃貸物件を借りる場合何かと耳にする言葉のひとつが、家賃保証会社になります。この会社自体に、いったいどのような働きがあるのか理解していないまま契約をする人が多いです。

そこで、どのような意味があるかを事前に確認しておくことが必要になります。まず、家賃保証会社とは家賃保証してくれる会社を意味しています。例えば、オーナーの立場からすれば一番困るのは家賃を払ってくれない借り主の存在でしょう。

かつては、管理会社などはありませんでしたので家賃を支払ってくれない場合はオーナーが直接家賃を支払ってくれない借り主に対して請求しに行ったわけです。これは、オーダーにとっては非常に大きな負担になってしまったでしょう。管理会社の仕組みが一般化してからは、管理会社の方でほう取り立てをしてくれることが多いですが、それでもオーナーの方に決まった月日にお金が入ってこない点は同じになります。

そこで、連帯保証人の制度を採用することになりました。仮に、借り主がお金を支払ってくれない場合には、連帯保証人に請求すれば支払ってくれるからです。連帯保証人の制度を利用することで、オーナーの立場からすればお金を支払ってもらえなくなる心配が一つあったといえます。

ですが、それでも万全とは言えない状況でした。なぜかといえば、連帯保証人自体が自己破産してしまうようなことも考えられるからです。基本的に連帯保証人は、どのような条件であっても借り主が支払ってくれなければ必ず支払わなければいけない立場になります。

そのため、親などが連帯保証人になることが多かったといえます。しかしそれでも、連帯保証人自体も国民の一人ですので日本国憲法によって保護される立場と言えるわけです。つまり、もし支払うお金がなく完全に行き詰ってしまった場合にはそのまま人生が終了するのではなく、自己破産する権利もあるといえるわけです。

特に、不動産バブルが崩壊してから自己破産をする連帯保証人が増えてきた傾向があります。そうすると、一番被害をこうむるのはオーナーと言えるでしょう。

そこで、このような人を少しともなくすために連帯保証人の代わりに家賃保証会社が出てきました。これはある意味、家賃の保証会社を必要とする時代背景といえるでしょう。家賃保証会社は、途中で会社がなくなるようなことはまずありません。

そのため、借り主側がお金を十分に支払ってくれない場面でも必ずお金を支払ってくれるのが特徴になります。そもそも、借り主がお金を支払ってくれなかった場合簡単につぶれるような会社が家賃保証の会社としては認められないでしょう。このように考えれば、連帯保証人に比べてもより信頼できる会社ということができます。

普及の背景をよく理解しておこう

近年は、賃貸住宅を借りれば必ずと言っていいほど家賃保証会社と契約をすることになっています。そもそもなぜこのような会社が一般的に出てきたかといえば、その理由の一つが連帯保証人を用意できない人が多いからです。

連帯保証人とは、借り主がお金を支払わなかった場合、仮にその借り主にたくさんの財産があったとしても、連帯保証人が債権者から請求された場合には絶対に連帯保証人が支払わなければなりません。このように、非常に厳しい条件の保証人であることがわかります。

このように厳しい保証人ゆえに、身内しか通常連帯保証人になってくれる人はいません。逆にいえば、身内がいない人は連帯保証人を見つけることが難しくなります。そうすると、そもそも身内がいない人は賃貸物件を借りることはできないでしょう。

近年は、独り暮らしの高齢者の男性や女性なども多く、身内がいないことが多い傾向があるのです。そもそも、身内がいたとしても収入がない人は連帯保証人になることができません。あくまで一定額の収入があることが連帯保証人になるための条件になります。

また、最近は日本人ばかりではなく外国人が海外からやってきて出稼ぎをするようになりました。海外に籍を置く外国人は、当然それほど多くの財産を持っていません。出稼ぎをするような人は、お金自体もそれほど持っていないのが特徴になります。

そうすると、日本に住むとなった場合たいていは一つの物件に複数の人が住み込みをするか、あるいは賃貸物件を一人で借りることになるでしょう。ですが問題になるのは、賃貸物件を借りる場合の連帯保証人になります。連帯保証人自体は、通常日本にいなければ契約することができませんので外国人が単身で日本にやってきた場合連帯保証人を見つけることが難しいことになります。

そうすると、やはり賃貸物件を借りることができなくなってしまうでしょう。このような傾向が強くなってきていることから、すべての人に連帯保証人を求めるのは難しくなりました。そこで、保証会社の制度を利用することで連帯保証人がいなくても借りる仕組みができたのです。

賃貸物件のオーナーの立場から考えてみる

賃貸物件のオーナーとしても、可能な限り多くの人に物件を貸したいと考えています。賃貸物件のオーナーの立場からすれば、少しでも空室を減らしたいと考えているでしょう。

空室を減らすためのポイントとしては、可能な限り条件を緩くして多くの人に入居してもらうしかありません。そうでないとすれば、魅力ある物件などを用意する必要があります。

ただ、魅力ある物件を用意したいとしても、なかなかそのような物件を手に入れることは難しいです。一般的に魅力ある物件では常に満室の状態となりますが、たいていの場合デザイナーズ物件などのように少し特殊なものになります。

あるいは、見た目は普通の賃貸物件でも駅から近くて交通の便が非常に良いところなどに限られてくるです。もしそのような物件を所有していれば空室に悩むことはありませんが、金銭的な負担を考えるとそのような物件を手に入れるのも一部のオーナーを除いては難しいでしょう。

そうすると、賃貸物件のオーナーは、常に空室を出さないように気をつけなければいけません。ですが、時代背景から考えると、連帯保証人を絶対必要とする契約にしてしまうと、本来入居してくるはずの一つが入居してこなくなります。

そこで、連帯保証人ではなく家賃保証会社を利用することで連帯保証人を必要するという大きな壁を取り払うことができたわけです。基本的に、家賃保証会社を利用することで、審査はありますがそれほど厳しい審査ではないため比較的簡単に入居が許可されます。

ちなみに審査内容を見ていくと、1年間の家賃を合計した金額の3倍以上の年収があるかどうかで判断しているところが多いです。少し厳しいところになると、1年間の家賃を合計した金額の4倍以上の年収を必要としているところもあるでしょう。

 

最近は、連帯保証人を必要としなくても賃貸物件を借りることができるようになっています。これは、連帯保証人の代わりに家賃保証会社を利用することによって実現が可能になりました。

そもそも、収入がある身内がいない人や日本にたくさん入って来ている外国人の存在を考えれば、昔のように連帯保証人が絶対に必要と考える仕組み自体は古いとも言えます。オーナーの立場からしても、絶対に連帯保証人を必要とする仕組みを採用するよりも、家賃保証してくれる会社と契約したほうがより空室を減らすことができるようになります。

サイト内検索
記事一覧