おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

外国人向けの家賃保証会社と一般の保証会社の違い

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

日本の賃貸事情は、外国人居住者が増えていることで大きく変化し始めています。最近の賃貸物件のオーナーは昔のように「外国人お断り」という考えではなく、どちらかというと外国人の入居希望者を受け入れることに前向きです。

しかし、世の中の風潮こそ変わってきてはいますが、外国人が日本で賃貸の契約をする時には、保証人が立てづらかったり、契約内容を完璧には把握しきれなかったりするといった問題がまだ残されています。そこで注目を集めているのが外国人向けの家賃保証会社です。

一般的な家賃保証会社とどう違うのかという点に着目して、外国人向けの家賃保証会社について解説します。

日本と海外の賃貸事情はかなり違う

日本の賃貸契約のルールは、世界的に見ても珍しいタイプのものです。代表的なのは「礼金」で、これは日本独自の文化なので外国人にはかなり驚かれます。

そもそも礼金というものは、大正12年の関東大震災後に起きた深刻な住宅不足の時代に、住む場所を失った人々が住居を提供してくれた人にお礼として支払ったお金が原型だとされているようです。別の説として、子供を遠い場所に送り出す親が、子供の住む予定になっている家の家主へ「わが子をよろしくお願いします」という思いを込めて支払ったものが始まりだとする場合もあります。

文化として誕生した時点から敷金のように退去時の修繕費用などの明確な用途があるものではなく、その名の通り「お礼」のお金でした。ちなみにインドにも礼金はありますが、これは貸主側が借主側に払うという日本とは真逆のものになっています。

一般的な家賃保証会社の外国人への対応

一般的な家賃保証会社が外国人の対応をするときに一番困るのが契約内容の説明です。多くの会社は極力簡単な言葉を選んで話したり、やさしい日本語で書かれた外国人用の契約書を見せたりするといった努力をしていますが、それでは内容をきちんと把握してもらえないまま契約が結ばれてしまうことがあります。

そうなると、入居後にごみ出しや騒音でトラブルになってしまいかねません。しかしいつ来るか分からない、そもそも来ることがないかもしれない外国人のためだけに外国人に対応できるスタッフを常駐させるというのは一般的な家賃保証会社には難しいため、これは仕方がないことでしょう。

外国人向け家賃保証会社ならどうなるの?

いままで、外国人が賃貸契約をする時には、主に「保証人」という部分が壁として立ちはだかっていました。多くの場合、保証人は日本人であることを条件とされてしまうからです。ここでは、そういった壁も乗り越えられるようにサポートしてくれる、外国人向け家賃保証会社が提供しているサービス内容について解説します。

■多言語対応が可能

外国人向けとうたっている通り、外国人向けの家賃保証会社にはさまざまな言語に対応できるスタッフが在籍しています。英語や中国語だけでなく、近年来日する人が増えているためベトナム語やネパール語への対応も万全となっています。

賃貸のルール以前に、言語の壁は外国人と日本人を隔ててしまう最大の要素となりますが、裏を返せば、同じ言語で喋ることができるというだけで、外国人は安心感を抱くものです。仮に日本人である自分が海外へ旅行に行ったときに、日本語の案内表示や日本語が通じる人と出会ったという状況を想像すると、どういうことなのか分かりやすいと思います。

精神的な不安を取り除けるほかに、もちろん契約に関する不安も外国語に対応できるスタッフがいればかなり取り除くことが可能です。外国人居住者の使用言語を話すことができるため、日本ならではの賃貸のルールを細かい部分まで説明して、トラブルになりうる行動とはどんなものなのかなどまでしっかり理解してもらった状態で契約を結べます。

これにより、入居後のオーナーの負担が減るだけでなく、外国人居住者側の問題への対処といった負担をなくすことができるでしょう。

■保証人の役割を果たす

外国人が保証人の必要な物件に入居するとなった場合、外国人向け家賃保証会社は保証人の代わりを務めることが可能です。家賃を滞納してしまった際に海外の親や家族などへ請求するのは手間や費用を考えると現実的でないため、多くの賃貸契約において、外国人であっても保証人は原則日本人であるべきとされています。

そうはいっても、日本で賃貸物件の契約をしようとする外国人には、単身で日本に渡ってきたばかりでまだ頼れる相手が誰もいないという人もいるものです。そういった人に日本人の保証人を求めるのはとても難しいでしょう。

日本人であればそのときは保証会社を利用するという道がありますが、外国人の場合は一般的な家賃保証会社の審査に通りづらいという問題がここで起こってきます。不法就労やオーバーステイの可能性を考慮されるためですが、何も悪いことはしていないのに日本人より厳しく審査されてしまうのは辛いことです。

そのうえ、審査のための難しい手続きをせっかく終えても通らなかったとあっては、がっかりしてしまうでしょう。外国人向け保証会社を利用すれば、そんな事態が起こる可能性をかなりの割合で回避することができます。審査という場面において、外国人向け家賃保証会社はなによりも頼れる後ろ盾です。

■生活のサポート

外国人は無事に賃貸契約を結べたとしても、日本の文化に慣れるまではあらゆる場面で困りごとが発生する可能性があります。ごみ出しのルールや騒音問題など、費用面だけでなくそうした日常的な部分も日本と海外の賃貸は異なる部分が多いものです。

日本人なら物件のオーナーや管理会社に連絡すればなんとかなりますが、外国人の場合はなかなかそうもいきません。こういった生活するうえでの問題についても外国人向け家賃保証会社は対応が可能です。

多くの外国人向け家賃保証会社は、日々の生活の中で困ったことがあったら相談に乗るという形でのサポートも展開しています。契約前も契約後も変わらず信頼を置けるのは、外国人向け家賃保証会社の大きな魅力の一つです。

外国人向け家賃保証会社は外国人の相談役

「家賃保証」と銘打たれてはいますが、外国人向け家賃保証会社は家賃以外の部分でも外国人をトータルサポートしてくれます。家賃の支払いに関する諸問題の他、それ以前に部屋探しの段階からの代行や、賃貸契約ほどではありませんがそれに匹敵する複雑さの携帯電話契約まで、会社によってはサポートしてもらうことが可能です。

ここが、一般的な家賃保証会社と一番違う部分だといえます。いわば、外国人向け家賃保証会社とは、外国人が日本で快適に生活を送るためのガイドとも呼べる存在です。

まとめ

外国人向けの家賃保証会社は、もはや家賃保証という枠を超えた総合的な外国人の支援企業になっています。これは海外と日本の文化がかなり違うことに対応してきた結果です。

入居希望者の使用言語を話せるスタッフがおり、契約後のアフターフォローも充実している点で、外国人が日本で暮らすためにはこれ以上なく最適化されています。長らく外国人居住者を悩ませてきた「保証人」の問題も、外国人向けの家賃保証会社に頼めばかなりの割合で解決できるでしょう。

外国人の生活を陰ながら応援してくれるような存在として、外国人向け家賃保証会社はこれからさらに活躍していくことが期待されています。

サイト内検索
記事一覧