おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社を利用して家賃滞納率を減らす

賃貸経営する上でのリスクはさまざまありますが、入居者が家賃を滞納することもその一つです。

入居者の審査を厳しくして保証人を求めたりすると、入居者が中々決まらず空室のままになることもあります。そんなときに利用できるのが家賃保証会社です。

 

賃貸経営のリスクである家賃滞納

賃貸経営のリスクの一つである家賃滞納は、単純に家賃収入が得られなくなるだけではありません。何ヵ月も滞納されると一括で支払うことも難しくなり、金額も増えていくため回収率が低くなります。連絡も中々取れなくなるなど、家賃滞納が長期化する場合もあります。

また、居すわられ続けると新しい入居者も募集できません。 長期化しないためにも初期対応が重要になってきます。滞納があった早い時点で電話で連絡をしたり、書面での督促を行ったりします。

中には単純に忘れていたりする場合もあるので、連絡をすることで家賃を回収できることもあります。何度も連絡をしても支払ってもらえない場合は、書面などで契約解除を伝えます。

書類は内容証明郵便にすると、事実を証明するために使用できます。家賃滞納があったら連帯保証人に弁済してもらえるように催促もできますが、それでも支払ってくれないこともあります。家賃滞納には時効があるため、早めに対処することが大切です。

事実を認めてもらえれば時効が中断されるので、早めに督促状に捺印などをしてもらい事実を認めてもらいます。

 

家賃滞納を防ぐには入居者を見極める

家賃滞納を防ぐためには入居者を見極めることも大切です。物件を貸すときには必ず審査があります。この審査の時に勤務先や収入をしっかりと確認して、家賃を支払えるか家計状況を見極めます。

転居や転職が多い人は、収入も変動する可能性が高いです。不自然に転居が多い場合は、以前住んでいた場所も家賃が支払えず強制退去している場合があります。

また、不動産仲介会社から入居したい人の雰囲気を聞いておきます。だらしない人や不誠実な人ではないか判断してもらいます。

そのため、不動産仲介会社も信頼できるところを選んで任せた方が良いです。仲介料をもらうために少々無理してでも入居者を決めようとするところでは意味がありません。

リスクを減らすためにしっかりと入居者を見極めてくれる会社を利用します。万が一家賃を滞納された時のために連帯保証人もきちんと確認します。

入居の時点では問題がなくても、さまざまな事情から仕事がなくなったり転職など収入が減ることもあります。会社の倒産など予期しない出来事で家賃が支払えなくなる場合もあります。

 

リスクを減らすために家賃保証会社を利用する

家賃滞納があったら連帯保証人に督促することもできますが、連帯保証人も必ず支払ってくれるとは限りません。リスクを減らすために家賃保証会社を利用するのも良いです。

家賃保証会社は、入居者から毎月一定の金額を支払ってもらうことで、滞納をされたら一定期間の家賃をかわりに支払います。大家にとっては家賃収入がなくなるというリスクが減らせます。

賃貸物件をローンで購入している人の中には、家賃収入がないとローンの支払いも滞る場合があります。家賃保証会社を利用することで、ローンの支払いができなくなることも防げます。

また、連帯保証人がいるよりもきちんと受けとれるようになります。入居者への督促なども代わりに行ってくれるので、貸す側の手間などの負担も減らせます。家賃保証会社は借りる側よりも貸す側の方がメリットがあり、家賃回収の代行をしてもらえる側面が強いです。

家賃の支払いのことで入居者と訴訟になる場合もあるのですが、訴訟費用なども家賃保証会社が負担してくれます。大家にとって、金銭的な負担だけでなく精神的な負担を減らせます。

 

家賃保証会社を利用するデメリット

家賃保証会社を利用することはデメリットもあります。入居者は、毎月保証料を支払う必要があるためコストがかかります。連帯保証人がいても家賃保証会社の利用を条件にしていたりします。

大家にとっては家賃滞納のリスクを減らせますが、入居者はコストがかかる分、入居を躊躇されることがあります。そうすると空室リスクが高くなってしまうため、家賃収入がなくなる可能性が出てきます。

また、家賃保証というサービスは歴史が浅いため法整備もきちんとされていません。事業を運営するために省庁へ届け出を出したり、自治体で認可してもらう必要はありません。

企業として一定の水準がなくても営業できるため、業績が傾いて家賃保証会社が倒産することもあります。倒産すると連帯保証人もいないなど、滞納されたときのリスクが高くなります。

ほとんど場合、保証会社は不動産仲介会社が選んだところを使っています。とくに問題がなければ良いのですが、中には取り立てが厳しいところもあります。コンプライアンスが厳しくなっているので、変な噂があるところは気を付けましょう。

 

デメリットに対する対策について

デメリットを理解したうえで利用することも大切ですが、事前に対策をしておくことでリスクをさらに減らせます。入居者のコストが増えて空室リスクが高くなる場合は、保証料の負担を大家がします。

大家にとっては金銭的な負担は増えますが、さまざまなリスクを低くするための出費だと考えれば安い金額です。家賃保証会社の問題によるリスクは、きちんと選ぶことで低くできます。

不動産仲介会社は、家賃保証会社の入金サイクルや審査が通りにくいなどの情報を知っていたりします。不動産仲介会社が選んだ会社で、変な噂などがなければそのまま任せても良いです。

また、業績や与信などをチェックすることで倒産しそうな会社かどうか判断をします。大家があらかじめ希望を出しておけば、その会社を使うことも可能です。法整備がそれていない分、色々な会社があります。

コンプライアンスなどの問題もあったため、一般社団法人や公益財団法人の協会が設立されました。不動産仲介会社ばかりに任せないで、会社を調べて指定することも対策になります。賃貸経営を円滑にするためには、積極的に調べることも大切です。

 

家賃保証会社を選ぶ方法について

まずは保証内容やサービスを確認します。基本的なサービスは、家賃を立て替えて支払ってくれたり入居者の審査、督促や回収です。基本的な内容でも、どこまでしてくれるかは会社によって違います。

家賃保証の期間の違いや、訴訟費用や残留物の撤去費用などの保証範囲です。中には法務コンサルティングや夜逃げ、事故後の対応などもしてくれるところがあるため、賃貸経営に詳しくない場合はサービス内容が充実している会社を選んだ方が良いです。

また、適正な業務を行っているかも確認します。家賃回収のために強引な取り立てや、高額な延滞金を請求しているところもあります。家賃が回収できないと損失を被ることになるからです。そういったところを選ぶと、悪い評判がたって入居者が出ていってしまうこともあります。

家賃保証協会は、悪質な取り立てを減らすために自主規制ルールを定めています。協会に属している会社は、自主規制ルールを守るように求められています。適正な業務を行っているか判断するために、協会に属しているかが見極めるための方法の一つになります。

 

賃貸経営にはリスクがつきものですが、家賃滞納率を減らすための対策はできます。家賃保証会社を使うことは対策の一つで、大家のさまざまな負担も考えればメリットも大きいです。

デメリットを減らす方法も知ることで、円滑な賃貸経営ができます。

サイト内検索