おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

実際に家賃滞納が発生したときの保証会社の対応とは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/20

最近は、賃貸住宅のオーナーの味方になってくれる業者があります。それは、家賃滞納したときにも代わりに支払ってくれる保証会社になります。実際に賃料を支払い忘れてしまった場合の対応はどのようになるでしょうか。

この内容を知ることで、本当に支払い忘れてしまった場合の家賃保証会社の対応方法がわかるでしょう。

そもそも滞納した場合すぐに保証会社が動くのか

賃貸物件を借りている場合には、必ず家賃を毎月支払わなければいけません。この支払い方は、昔のように現金で支払っているところはほとんどありません。その代わりに、最近は銀行口座から引き落としなどが多くなっています。

引き落としの場合は、そもそも口座にお金が入っている限り引き落としが続いていきます。そうだとすれば、よほど金欠になってしまうか、あるいはうっかり通帳にお金を入れ忘れたようなことがない限り、滞納することはありません。

金欠になる場合の一つは、給料以上にお金を使ってしまった場合です。人間は、入ってくるお金には敏感ですが出ていくお金には敏感ではないことがあります。特にお金がたまらない人の感覚はそのような感覚になっています。

つまり、給料が入ることに対しては非常に意識をしていますが、出費に関しては対して意識をしていないわけです。そうすると、いつの間にか銀行からお金がなくなってしまい気がついたときには支払い忘れていることも考えられます。

もう一つは、電気代やガス代なども同じ口座から引き落とされている場合です。持ち金がないわけではありませんが、しばらく銀行預金口座の中のお金を確認しなかった場合、いつの間にか賃料の1か月分以下になっており支払い忘れていることも考えられます。

この場合、直ちに家賃保証会社が動くかが問題になりますが、1か月程度の支払い忘れでは動かない可能性があります。もちろん保証会社の方もオーナーから信用を得て雇われていますので、1か月支払わなかっただけで動くようなことも考えられなくはありません。

ですが、1カ月ぐらいはついうっかり払い忘れてしまうこともあります。その場合、保証会社から物件の借り主に賃料が支払われていない旨の連絡が来るでしょう。当然そのとき、支払っていない分の損害金などを支払うことになります。支払いをしていない場合には、今までと同じような賃料を払うわけではなく、およそ5パーセント程度の損害金が発生していることを理解しましょう。

そのため、保証会社が動かなかったとしても結局は、家賃を払わなかった人が損をする仕組みになります。ちなみに、賃料の5パーセントを計算すると、家賃が10万円の場合には5000円ほどになっています。形のないものに使う5000円という金はその人にとって大きな損失になるのは間違いありません。

もし、お金がない場合にはしっかりお金の管理をすることが重要になります。たくさんお金を使いたいならばその分だけ稼げるように能力を磨いておきましょう。逆に、お金はあるけどもうっかりお金を入金し忘れた場合には、毎月必ず通帳中身をチェックする日を設けたほうがよいです。

途中でがわからなくなってしまう場合には、カレンダーなどに赤い文字で預金口座を確認する旨を書いておくとよいです。もしこれが習慣になれば、まず忘れることはなくなるはずです。

滞納が2カ月以上続いた場合はどうなるか

家賃を滞納する場合でも、1か月だけならばうっかり忘れていたで済ますこともできるかもしれません。もちろん、オーナーに対して余計な仕事をさせてしまったことに対して謝らなければならないでしょう。直接オーナーと顔を合わせないにしても謝る気持ちは持っておいたほうがよいです。

滞納も2カ月目になるといよいよ大きな問題になってくる前兆です。2カ月連続で支払い忘れるということは、1回目の催促すら満足に聞き入れていないことを意味しています。そうだとすれば、それなりに悪意があると考えられます。このときには、保証会社が確実に動いてくるでしょう。

保証会社としては、滞納の状態が2カ月続いた場合保証会社の方で代位弁済することになります。これは、本来借り主が支払うべきところを借り主の代わりに保証会社が支払います。これにより、オーナーの方は確実にお金を手に入れることができるでしょう。

しかしながら、代位弁済した保証会社もそのままにしておくのではなく後になり借り主に対してお金を請求します。請求されたお金には、当然損害分の支払いが発生していますので余分に支払うことになることは頭の中に入れておきましょう。

ただこのとき、絶対に悪意があって支払っていないとは限りません。さまざまなパターンを考えていくと、賃貸物件の借り主がたまたま海外旅行に出て帰ることができなかった場合などが考えられます。このようなときは、海外にいる借り主に連絡をとるしかありません。

もちろん借り主の方も、十分な賃料を通帳に用意しなかったことに問題がありますのでこの点は反省をしてもらうべきでしょう。ただそれ以上に不可能なケースは長期的に入院していた場合になります。もちろんこの場合も、事前にしっかりとお金をためておき通帳に入れておけば問題ありません。

ですが、だれしもが必ずマニュアル通りの行動ができるとは限りません。特に、急な入院をした場合には滞納してしまうことも十分に考えられるわけです。このような場合には、保証会社の方も借り主に対して交渉するようにします。

入院している場合には、その代理人に支払ってもらうこともできますが、基本的には交渉して支払える状態になったら保証会社の方に滞納した分を支払ってもらうようになるでしょう。このような仕組みを利用することで、保証会社は後になってから確実にお金を手にします。

それでも支払ってくれない場合の対処法

家賃保証会社としても、賃貸物件の借り主はお客様になりますので、基本的には穏便に対応します。そのたいのは2カ月を過ぎてしまったとしても基本的には穏便に対応するものです。

ただ、滞納が3カ月目にいたるときには内容証明郵便などで「賃料を支払わなければ法的手段も辞さない」といったやや過激な内容の文書が送られることがあります。今まで家賃を支払ってこなかった人も、その内容を見ることで保証会社に対して電話をかける人も少なくありません。

さすがに、法的手段をとられると勝ち目がないからです。この場合には、いつまでに支払うかを明確にして保証会社はその期限まで待ちます。当然損害金も添えて支払うのが基本になるでしょう。それでも支払ってくれない場合には、いよいよ強制執行に出ます。

強制執行は、最終的に立ち退きになりますが強制執行する旨の手紙を出してあるいは電話をして強制執行することになるでしょう。その方法の一つは、まず物件から出ていってもらうことです。これは、裁判所なども勧誘してきますので、出ていかないわけにはいきません。ほぼ強制的に退去されるといってよいでしょう。

 

家賃保証会社は、借り主の保証してくれる会社になります。もし、それにもかかわらず借り主が賃料を滞納してしまった場合にはする代わりに支払う場合もあればもう1か月程度待ち、借り主が支払わなければ借り主の代わりに対弁済することになります。

この段階で、借り主に対する債権は保証会社が持っています。最初は穏便に手紙などを出して催促しますが、それでも支払わない場合には法的手段を辞さない旨の手紙を出し支払ってもらうようにします。たいていの場合その段階で借り主も何らかのアクションを起こしますが、それでも支払わない場合は強制執行をするでしょう。

サイト内検索
記事一覧