おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

一般的な家賃保証会社のサービス内容

家賃保証会社の業務は賃貸借契約に求められる親族といった人に代わって、手数料を取ることにより第三者が連帯保証人になるサービスです。

借主に家賃の滞納などがあると貸主に立替払いしたり、代位弁済を行います。立て替えてもらった分、後から支払う仕組みです。

 

連帯保証人の代わりになる

家賃保証会社を利用するのにいろいろなメリットがあり、貸主にとって家賃滞納のリスクを軽減することができます。

通常の連帯保証人より確実性が高く、借主にとって連帯保証人が要らなくなるので便利です。親や兄弟などに頼みづらかったり、高齢者や障がい者世帯、外国人滞在者といった人にはメリットが大きいでしょう。

但し、家賃保証会社は貸主や管理会社のため滞納家賃回収業務を代行する面の方が強いです。そのため家賃滞納があった場合、従来の貸主自身や管理会社による支払いの催促や督促と比較すると、家賃保証会社の方が取り立てが厳しくなるので注意が必要です。

家賃滞納時の立替払いが増えたり回収が遅れると会社の業績に直結するので、家賃滞納した後会社の支払いが難しいと従来より早い段階において部屋に住めなくなるケースもあります。

部屋を借りる際に必要な料金は会社によって異なりますが、家賃の半月分や1ヵ月分、30~70%などさまざまです。2年毎の更新時は初回契約時よりも安く設定されることが多く、滞納したままの家賃があったり何度も滞納していると更新してくれないかもしれません。会社にとっては滞納家賃を立て替えるのが業務になるのですが、リスクを極力排除したいからです。

 

契約内容を確認することが大切

親などの連帯保証人を立てたのに、別途家賃保証会社の利用を促すケースも増えています。

会社から賃貸仲介会社に一定手数料や謝礼などが支払われる場合があり、賃貸借契約において加入を求められる保険や住宅総合保険などでも同じように謝礼があったり、引越し会社から賃貸仲介会社に紹介料などが支払われたりするので、仲介手数料以外の収入源として利用されていると言われています。

会社からすると立て替えた滞納家賃などを回収できなかった場合の穴埋めとして、絶対滞納しそうにない優秀な借主から料金を徴収したいという側面があるのでしょう。

賃貸仲介会社の関係会社がさまざまな業務を行っていて、自動的に保証会社を利用するというケースもあります。もともと連帯保証人の代わりという位置付けから離れているケースもあるので、会社を利用しなければいけないのかや連帯保証人がいない時だけのケースなのかなど、部屋を借りる前にはきちんと契約内容を確認することをおすすめします。いくつか会社を比較検討することによって、自分のライフスタイルに応じた部屋を見つけることができるでしょう。

 

入居するための審査が行われる

家賃保証会社を利用する際、入居の申し込み時に審査が行われるのが一般的です。審査方法に関して会社や加盟団体などによって違いますが、基本的に提出を求められるのは所得証明や源泉徴収票などの書類で、賃料に見合う一定収入があったり金融事故歴がないなど、それほハードルが高い審査ではありません。

尚、賃貸データベースを利用している会社の場合は過去に家賃滞納記録などがあると審査にパスすることが難しくなるでしょう。データベースは氏名や生年月日、運転免許証番号といった個人を特定できる情報が含まれていて、過去の情報や代位弁済残高が登録されています。

明け渡しする際費用負担といったいろいろなトラブルから未払いがあると、ブラック情報として登録していることが多いので注意が必要です。貸主や管理会社と何かしらトラブルがあると、次の賃貸借契約において不利になるケースがあるので注意しましょう。

信販会社が家賃保証業務を行う際、クレジットカードを作成したり、口座から自動引き落としなどが必要になることもあります。このような場合クレジットカードの審査にパスするかどうかもポイントになり、もしクレジットカードの申し込みをパスすることができれば、審査にも通りやすくなるかもしれません。

 

身分証明書などの必要な書類がある

会社は無審査で家賃を保証するわけではなく、入居と同じかそれ以上の厳しいチェックになるかもしれません。会社によりますが個人の場合はいくつか必要な書類があり、例えば家賃保証会社用申込書や身分証明書のコピー(運転免許証や健康保険証など)、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明関連、在籍証明書などがあげられます。

入居の際提出する書類と重複するものは用意する必要がなく、転職などから一時的に働いていない場合、内定先の企業から内定通知書などを受け取り提出すると問題ないでしょう。

書類審査に関して、必要書類のうち会社から求められているものを提出し、提出した申込書や必要書類などを元にして確認が行われます。主なチェックポイントとして、職種や雇用形態、勤続年数や年齢、収入や過去の滞納履歴などが確認されます。

特に過去において他の会社と何かしらトラブルになっていないかについてチェックされることが多く、もしブラックリストなどに載っていると利用することができないかもしれないので注意が必要です。中には再審査を受けることができるところもあるので、相談してみると良いでしょう。

 

別の会社の審査にパスすることもある

過去の滞納履歴などもきちんと確認されるので、申し込みした家賃保証会社において以前滞納があったり審査が通らなかったというケースも多いでしょう。但し、中には別の家賃保証会社の場合では審査にパスするということもあるので事前に相談してみることをおすすめします。

家賃保証会社の間において滞納者データを共有していないことがあり、家賃保証会社は協会(LICC)に加盟しているところが多く、共有しているデータは訴訟まで進んだ事例や悪質な滞納者データになります。

書類の提出が遅れたり記載内容に何かしら不備があると減点対象になるので、審査が滞らないよう事前に準備しておくと安心です。審査保留や追加書類などを依頼されることもあり、このような場合審査落ちではなく審査する際に必要書類の追加が必要になります。審査自体が否決になるというわけではないのできちんと対処できれば大丈夫です。

契約者本人はもちろん該当物件などを対象に審査することもあり、例えば契約者に支払い能力があるのかや年収と家賃額を照らし合わしてチェックされることもあります。一般的な審査の場合は月収1/3を家賃にすることができるかや、家賃が月収に対して3割に留まっているかについて確認されるので注意が必要です。

 

電話で確認されることもあるので注意

仮に年収での家賃比率にパスしても賃貸金額自体も確認されますが、これはもし滞納が発生した場合において金額が増えると回収の不確実性か向上するからです。

特に高額賃貸物件の審査について会社として厳しく慎重に確認してきます。契約者本人から提出された緊急連絡先などに対して電話などで確認が入ることが多いです。確認内容は会社利用の意思確認や連絡先に間違いがないかなどがメインになり、事前に電話がかかる連絡先には連絡が来ることを伝えたり、認識にずれがないか段取りしておくことをおすすめします。

さまざまな審査を完了すると契約者に結果が通達される仕組みで、中には条件付き審査承認という形で再審査に通る可能性もあります。審査に通らなかったけれども、気に入った部屋を諦めたくないなら改めて交渉してみたり相談してみても良いでしょう。

中には条件付き審査承認などのケースがあり、このような場合敷金を上乗せしたり家賃を年間払いにすることで承認を得ることができるというケースもあります。会社と相談したり交渉することで再審査にパスしたという人もいるので、諦めずに挑戦してみる価値があります。

 

家賃保証会社の手数料を取ることによって第三者が保証するサービスです。滞納などがあると立替払いするので、家賃滞納リスクを軽減することができます。契約する際内容を確認することが大切で、入居するため審査が行われます。

サイト内検索