おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

家賃保証会社を利用すれば高齢者世代でも賃貸契約が結びやすい

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/04/10

家賃保証会社というのは、賃貸物件を借りる際に必要とされる保証人となってくれるサービスです。賃貸物件を利用する時の障壁のひとつが、この保証人を見つけることで家賃保証会社を利用することで保証人が居なくても、部屋を借りることが可能になります。

 

家賃保証会社を利用する理由

家賃保証会社を利用する理由は、保証人を用意することができない、または用意したくない人、賃貸物件の入居条件となっているためといったものです。立てたくない理由としては、頼み事をしたくない場合や家賃滞納をすることにより、その人に滞納した家賃やその後の部屋の原状回復の費用請求が行くことを考えて周りに迷惑をかけたくないなどの理由が考えられます。

また近年は保証人があっても家賃保証会社の保証がなければ入居できない物件も存在します。

一方でやはりもっとも多いのが用意することができないことです。保証人といっても誰でも良いわけではなく、家賃滞納が発生すれば弁済してくれる能力があることが前提になります。

このため両親でも、賃貸暮らしであったり高齢者である場合には認めてくれないこともあり、このような場合には保証会社を利用するしかありません。核家族化によって、なってくれる人が居ないことや生まれ育った場所から離れた場所で暮らしている場合などには保証人となれる人が身近に居ませんから、その点でも保証会社を利用するしか契約を結ぶことができないといったケースもあります。

 

家賃保証会社の利用にメリットはあるのか

入居者にとっては保証料を支払う対価として保証人となってくれるのが最大のメリットで、貸主からすれば契約に基づき家賃滞納が発生した場合には保証会社から弁済を受けることができます。また保証料は入居者が負担しますから、貸主への負担がありません。このため保証人を立てても加入を求める物件も多く見られます。

一方で入居者としては保証料を支払うことで部屋が借りることができるメリットはあるものの家賃滞納が発生した場合には、支払った保証料から弁済されるかといえばそうではなく、滞納した分の家賃は保証会社が回収することになります。高い保証料を支払って受けられるのは保証人を用意しなくても良いというものであり、支払えなくなった場合の家賃までは補償されないことに注意する必要があります。

大半の保証会社は法律を遵守して対応を行いますが、中には悪質な対応をすることもあります。家賃保証会社は貸主側が指定したところしか利用できないのが現状ですから、入居する側にとっては選択肢がないのが実状です。

しかし、それでも保証人を用意しなくても部屋が借りることができるのが大きなメリットといえます。

 

保証料の相場についても気をつける必要がある

家賃保証会社は、業界団体はあるものの法律で厳しく規制されているわけではなく、さまざまな業者が存在しており、このため保証料に関してもバラバラです。基本的には初回の保証委託料更新時の保証委託料があります。

この場合には月額の家賃1ヶ月分を目安に設定されます。100%の場合には1ヶ月分の家賃ですから月6万円の家賃であれば、6万円が保障委託料として支払うことになります。多くの場合には1ヶ月分ですが、半分から3分の1程度まで種類はさまざまです。

また最低料金が設定されており、たいていの場合には2万円以上が設定されます。更新は賃貸契約と合わせて行うのが一般的ですが、1年単位のところもあり、その際には毎回更新料を支払わなければなりません。

家賃保証会社に保証料を支払うからといって貸主への保証料がなくなるわけではなく、このため礼金や敷金・保証料などの初回の支払いにプラスして保証会社に加算した料金が必要になる仕組みとなります。更新時や続けて利用する場合には割引を行う保証会社もあり、それらであれば費用を抑えて利用が可能です。

 

高齢者向けの家賃保証会社もある

賃貸物件を借りる人たちにはさまざまな種類の人がおり、すべての人が同じ条件というわけではありません。このため借金と同じで賃貸物件を利用する際には、必ず入居審査を受けて、そこで問題がないと判断されることで、はじめて部屋を借りることができます。

実際のところすべての人が同じ基準で審査されると、審査に通らない人も増えてきます。保証会社によってはそれぞれの属性に合わせたサービスを提供しているところもあります。賃貸物件の利用が困難になるケースとして、もっとも多いのが年齢を重ねることです。若い間は働くことが可能ですし、正規雇用で安定した収入を得ることもできます。

しかし退職する年齢になると続けて働くことが出来なくなるものです。特に高齢者になってから他の場所に移るというのは難しく、民間の物件を利用することも困難になります。

それに核家族化や保証人になってくれる子供がいないといった場合には、さらに困難になってしまいますが、高齢者向けに保証人となるサービスを利用すれば入居審査に通る可能性を高めることが可能です。

 

高齢者向けサービスを利用する際の注意点

高齢者向けに限らず家賃保証会社を利用する際には、そのサービス内容を理解しておく必要があります。家賃保証で求められる保証内容としては、第一には滞納した家賃の立て替え払いです。

しかし、この立て替え払いした家賃の回収方法にもルールがありますから、そのルールを理解しておく必要があります。滞納しても、すぐに立替分を支払うことができるのであれば問題ありませんが、病気や何らかの理由で出費が増えてしまった場合には、すぐに支払うことが難しくなります。そのような場合にどのような対応が行われるのか理解しておくことが大切です。

また保証は立て替え払いだけでなく、さまざまなものが付与してくることがあります。例えば明け渡しの履行業務や、残留物の撤去とそれの保管、処分、法定手続きの費用、そして死亡時の原状回復費用などです。

特に高齢者となると病気による自宅での死亡事故のリスクが少なからず高まります。その際に必要な原状回復について保証会社が保証しているかが選ぶ時のポイントで一人暮らしでは重要です。

 

家賃保証会社といっても種類がある

家賃保証会社はひとつのビジネスモデルですが、実際にそのビジネスモデルにさまざまな業種が参入しています。そもそも家賃保証会社のサービスは賃貸管理サービスのひとつと言えるもので、賃貸管理サービスを提供する不動産会社が最初は中心的な存在でした。

その後、貸金業の会社が参入し、現在ではそれらが主流となっています。貸金業といっても系列としては消費者金融系と信販会社系、クレジットカード会社系に分かれます。いずれも利用者の信用をもとにサービスを提供しており、そのノウハウに優れているのが特徴です。ただそのサービスの内容は会社ごとに異なります。

もし高齢者であれば、サービスが充実したものを選ぶことが大切です。例えば高齢者向けの家賃保証では、死亡時の対応が含まれているものもあります。これは損害保険会社と提携して保険を組み合わせることで原状回復を行ってくれます。

保険会社に単独で加入しても、それを請求する人が居なければ実行することができませんが、家賃保証会社に保険が組み合わさることで保証会社が請求を行い部屋の原状回復を行い貸主に返却されるので安心できます。

 

保証料を支払うことで保証人となってくれるサービスは、保証人を用意できない人にとっては部屋を借りるための有効な手段です。また高齢者になると部屋を借りることや病気や死亡のリスクが高まりますが、保証会社を利用することで安心して部屋を利用することができます。

サイト内検索
記事一覧