おすすめの家賃保証会社を比較ランキング形式でご紹介!【外国人の賃貸保証にも対応可能な人気サービス】

おすすめの家賃保証会社ランキング

これからの家賃保証は外国人も対象になる会社選びが必要

こんにちは。

このサイトを運営している管理人、40代男性。賃貸マンション経営をしているオーナーです。

いままでは、対象を日本人限定としてマンションを賃貸をさせていただいておりました

私自身、勉強不足で海外の言葉がわからないこともあり、コミュニケーションが取れるのか不安だったので、外国の方はお断りさせていただいてました。

最近コンビニなどで外国人のアルバイトをよく見かけるようになり、気になって調べたところ、外国人労働者は2010年で約60万人に対して2017年では約120万人と2倍に増えているようです。

外国人に関する記事もよく見かけるようになり、外国人が今後も増えていくと予想される中で、空室対策として外国人も入居ターゲットにする必要があるのではないかと考え始めました。

実際に周りのオーナーに話しを聞いてみると、「外国人は家賃滞納の心配以外にゴミ出しのトラブルなどが発生する場合がある」ということで、外国人を入居させているオーナーは周りにほとんどいませんでした。

しかし、ネットで調べてみると保証会社がそういった場合の外国語対応をしていることがわかり、その辺りも含めて総合的に頼れる保証会社を自分なりに徹底的に調べ、TOP5をランキング形式でまとめてみました。

どこの家賃保証会社を選べば良いかわからないという悩みをお持ちのオーナーの皆さんは是非参考にしてみてください。

おすすめの家賃保証会社ランキング

外国人専門の生活総合支援サービス企業

おすすめ家賃保障会社のランキング1位に選ばせていただいたのは「株式会社グローバルトラストネットワークス(GTN)」です。

この会社では家賃保証事業だけでなく、日本に住む外国人のためのお部屋探し事業も手がけています。

そして日本で営業している企業に優秀な外国人人材を紹介するため、それぞれのニーズに合わせたソリューションを提供するなど、日本における「外国人専門の生活総合支援サービス会社」と言っていいでしょう。

家賃保障事業では、10,000社の不動産管理会社との、豊富な提携実績や年中無休、24時間対応している多言語カスタマーサポートなど、外国人向けに特化したサービスを展開しています。

そのため、外国人入居者を獲得したい方にはぴったりな家賃保障会社といえるでしょう。

売上高100億円突破!家賃保証業界でトップクラスの売上を誇る。

おすすめ家賃保障会社のランキング2位は「日本セーフティー株式会社」です。

家賃保証会社にとって、もっとも大切なのは健全な財務内容を有しているかどうかということ。

賃貸オーナーや、不動産管理会社に家賃の立替をスムーズかつ、安定的に実施できるかどうかという点に尽きます。

日本セーフティーの財務状況はここ数年、増収増益を続けているばかりでなく、当期純利益から現預金や利益準備金を着実に積み上げている状態。

もちろん、無借金経営を維持していますので、今後も問題無く家賃立替が可能であると考えてよいでしょう

さらに、日本セーフティーは審査スピード・審査承認率ともに業界トップクラス

速やかな審査は賃貸オーナーや不動産管理会社たちから、高い評価を得ています。

リーディング・カンパニーとして業界を牽引し続ける

おすすめ家賃保障会社のランキング3位は「株式会社Casa」です。

株式会社Casaは家賃保証サービスに関して、これまで全国に200万人の利用実績を誇ります。

一般社団法人賃貸保証機構という業界団体を立ち上げ、その代表理事も務めています。

言わば、「業界のリーディングカンパニー」とも呼ぶべき存在。

東証一部の上場企業であり、経営基盤が安定した信頼性の高さも魅力ですね。

創業よりお客様の「住」の確保と「幸せ」を支援するという企業理念のもと、近江商人の経営哲学として有名な「三方よし」の精神を基盤としてつねに「お客さまの立場を考えて行動してきた」とのこと。

今後も「ひと」を大切に。

借りる方も貸したい方も安心できる「住まいのトータルサポート」として住生活に関わるサービスに取り組んでいきたいと考えています。

大分県発。東証1部上場も果たし、多様な事業も展開中

おすすめの家賃保障ランキング第4位は「ジェイリース株式会社」です。

不動産賃貸借契約における入居者、賃貸オーナー、不動産管理会社の三方の円滑な信頼をつなぐ家賃債務保証会社として、平成16年2月に大分県で創業。

家賃保証サービスにおける信頼性が高いだけでなく、綜合警備保障株式会社「ALSOK」と提携をしています。

ご高齢者とその家族に安心を提供する HOMEALSOK みまもりサポート「高齢者の見守りサービス」を開始。

設置したコントローラーを用いてさまざまなサービスを可能にしました。

また、病院向けの診療費用の保証も開始や最近J1に昇格したサッカーの大分トリニータのスポンサーも担当するなど、保証サービス以外にも活発な事業展開をして注目を集めている会社です。

社会的に立場の弱い方々にも家賃保証を!

おすすめの家賃保障会社ランキング第5位は「ほっと保証株式会社」です。

この会社は北海道発の家賃保証会社で、「地域密着型のアットホームな家賃保証会社」を目指し、地域の方々の力になれるよう業務展開を行っている会社です。

ほっと保証株式会社は「高齢者の方・生活保護を受給されている方・外国籍の方など、社会的弱者とされる方々に対し、保証引受の審査がきびしく、保証を受けられないという事案が多数発生していること」を憂慮しており、そこで営業エリアを絞り、不動産管理会社と密な連携を取ることで債権回収・管理をスピーディーに実施。

独自の債権管理スキームを強みとして、保証引受の審査も高い承認率を可能としました。

他の家賃保証会社の審査で不承認となられた方々にも多数利用してもらえる体制を整えることに成功しました。

TOP1は「株式会社グローバルトラストネットワークス」さん!


わたしが選んだ「頼れる家賃保証会社TOP5!」あくまで私見によるものですが、堂々の1位は「株式会社グローバルトラストネットワークス」さん、略して「GTN」さんに輝きました!

■「外国人専門の生活総合支援サービス企業」であること

GTNさんは「外国人のお客さまが専門」という特殊な保証会社です。

外国人10万人以上の保証しているそうで、保証だけでなく賃貸仲介、携帯電話レンタルなどサービスの幅が広いです。

「日本に来る外国人の生活を総合的に支援されている」と言っていいでしょう。

【外国人対応】17言語以上、24時間365日と多言語サポートが充実。

設備故障やゴミ問題など、何でも外国人スタッフが間に入って対応してくれます。

コールセンターの役割を内省化しており、豊富な言語数で社員が対応することの安心感があります。

月内トラブル解決率は97%と高く、外国人対応はすべておまかせできそうですね。

■不動産賃貸事業も展開

保証だけでなく個人・法人向けの賃貸仲介、企業・学校向けの社宅・学生寮運営代行のほか、外国人専用の物件検索サイトの運営など、お部屋探しのサービスも提供されています。

■国際審査が特徴的だが…

外国人が来日する前の「国際審査」=海外審査も対応しています。

日本語能力に関係なく申込者の言語に合わせて国際電話にて審査。

入居者の母国のご家族と日本国内と緊急連絡先と、計2名が必要です。

(万が一のときには安心ですが、電話で審査をしているようなので多少時間がかかることがあるようです)。

あくまで家賃保証会社を調べていたのですが、ますますグローバル化する日本での住宅賃貸業を考えた場合、外国人も入居対象と考えて、外国人入居者のケアに強い会社を1位に選ばせていただきました。

ちなみに2位以下もどこもそれぞれ特徴のあるよい家賃保証会社さんですので、よく内容を吟味していただき、オーナーさんの希望に合った家賃保証会社を選択していただければと思います。

情報をまとめて一覧表にしてみました

さて、本サイトではおすすめの家賃保証会社を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の家賃保証会社で、1位以外にも外国人入居者に配慮している家賃保証会社もありますので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各家賃保証会社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社グローバルトラストネットワークス
(GTN)
日本セーフティー
株式会社
株式会社Casaジェイリース株式会社ほっと保証株式会社
特徴【外国人専門の生活総合支援サービス企業】
外国人のお客様が専門という特殊な保証会社。
外国人10万人以上を保証している
業界最大手の保証会社
倒産するリスクが低い。外国人でも保証してもらえる
【家賃保証サービスのリーディングカンパニー】
200万人の利用実績あり。一般社団法人賃貸保証機構という業界団体の代表理事も務める
【大分県発の家賃保証会社】CASAと同じく東証一部の上場企業。高齢者の見守りサービスや病院向けの診療費用の保証もしている【北海道発の家賃保証会社】色々な商品を持っている北海道の家賃保証会社。高齢者や生活保護受給者なども他社より積極的に保証
アクセス本社は池袋駅東口より徒歩7分東京本社はJR各線田町駅三田口より徒歩4分東京本社は新宿駅西口より徒歩12分東京本社は西新宿駅から徒歩7分東京支店は日本橋駅B7出口から徒歩2分
電話番号03-5155-46710120-34-622503-6863-567703-5909-1241011-206-8792
受付時間10:00~18:30
※年末年始休業
9:00~18:00
※年末年始休業
平日9:00~18:00
※新規お取引については年末年始は休業
受付時間不明受付時間不明
創業年数13年21年10年14年7年
外国人への対応16言語、24時間365日と多言語サポートが充実していて、設備故障やゴミ問題など何でも外国人スタッフが間に入って対応する審査には日本語が話せる緊急連絡先が必要で多言語対応はしていない11言語、24時間365日の通訳センターを設置して外国人対応の通訳をしてもらえる15言語、24時間365日のコールセンターを設置して通訳をしてもらえる外国人スタッフが常駐して多言語サービスを提供。色々なオプションがあって充実
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

わたしのおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは開業時期の違いや特徴といったところでしょう。

また、おすすめの家賃保証会社として、実績が伴っているのは大前提ですが、外国人への対応力やサポートにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった家賃保証会社を選び、賃貸住宅オーナーとして躍進していただければと思います。

家賃保証会社がクローズアップされている理由


日本では賃貸住宅の契約を交わすとき、連帯保証人を立てるのが通常でした。

連帯保証人は家賃の支払に対し、借主と同じ責務を負います。

しかし、近年は高齢化社会や核家族化、単身世帯の増加の影響で「連帯保証人を立てられない」ひとが増えてきているのです。

連帯保証人制度に代わり、にわかにクローズアップされているのが「家賃保証会社」の存在。

連帯保証人に代わって家賃保証会社が家賃保証をする制度ですが、契約者は賃貸契約時に家賃の0.3ヶ月分~1ヶ月分、もしくは数万円という固定額を家賃保証会社に支払う必要性があります。

かつては親御さんが早くに他界されているなど、ごく一部の事情のある方が利用する感じだったのですが、最近では「家賃保証会社のほうがスムーズに滞納家賃を回収できる」という評判が高くなり、保証会社の利用を義務付ける物件が増えているようです。

ちなみにわたしの経営する賃貸マンションでも入居者に対して、家賃保証会社の利用を義務付けています。

家賃保証会社はその道のプロなので、滞納家賃の回収がスムーズなのはあたり前。

むかしは地方から出てきた学生さんがご両親と入居時のごあいさつに見えるなど、顔の見えるお付き合いが多かったそうですが、最近はまず皆無。

そんな時代だからこそ、「連帯保証人よりも家賃保証会社のほうが頼りになる」と言えるでしょう。

メリットだけではない?家賃保証会社のデメリット①


では「連帯保証人に比べて家賃保証会社は万能か?」と言えば必ずしもイエスとは言えない事情があります。

家賃保証会社の中には、いわゆる「違法な取り立て」をしてしまう会社があるのです。

夜中に訪問したり、勤務先にしつこく催促の電話をしてしまうなどがあります。

いまはSNSなどで悪評はたちまち拡散される時代ですから、家賃保証会社が取り立てているのか、不動案業者やオーナーさんが取り立てているのかなどは見ている方には区別はつきませんので、「あそこのマンションでは滞納があると怖いひとが取り立てに来る」などと悪い噂が立ってしまえば最後、入居者が居なくなるというおそろしい事態も招きかねません。

まだまだ法整備が充分でない世界なのですが、いまのところ家賃保証の業界団体には日本賃貸住宅管理協会(JPM)、全国賃貸保証業協会(LICC)、賃貸保証機構(LGO)と、3つの組織が存在します。

健全に運営されているか、社会的信頼度をはかるひとつのめやすとして、こうした団体に加盟しているかも確認するといいでしょう

家賃保証会社が3者にもたらすメリット


まず家賃保証会社が保証することで、増加傾向にある高齢者層の賃貸契約が結びやすくなりました。

高齢者は身内も少なく、交友範囲も狭いので、連帯保証人が見つかりにくいのです。

また、縁起でもないことではありますが、高齢者は賃貸住宅で生涯を終える可能性も高いので、死亡時の清掃なども保証する家賃保証会社の利用は必須とも言える状況になりつつあります。

また、家賃管理会社は月末になると賃貸料の管理に追われているところが多くありました。

入金確認だけでも膨大なのに、ましてや滞納が出たとき多忙を極めます。

電話や訪問の業務で延々時間を取られ、本来の業務に支障がでたり、収益が上げられないというところも少なくありませんでした。

賃貸オーナーさんも、自主管理物件であれば同じような苦労が付きまといます。

とくに単身者向けの賃貸住宅を経営しているオーナーさんの場合、世帯向けより滞納率は高く、逃げられて取りはぐれ、泣き寝入りもあるという悲惨な状況もしばしば起こっていたようです。

しかし、家賃保証会社の普及により、賃料の入金管理が外注できるようになって、不動産管理会社も自主管理オーナーさんも大助かり。

本来の業務に専念する時間や、生活のゆとりの時間が生まれました。

家賃保証会社の登場・普及は賃貸業界において革命的だったんですね。

外国人の入居には意外なメリットが!


■外国人人口は増加傾向

核家族化が進行したため長らく減少しなかった世帯数さえも2019年をピークに下降する見通し。

そんな中、国内の外国人人口は175万人となり、わずか5年で10万人以上も増加しているのです

参考資料:総務省統計局 平成27年 国勢調査 第13章「外国人人口」

それにもかかわらず、日本人オーナーさんは外国人の賃貸には消極的。

理由はひとつですよね、生活習慣の相違

そこから起こるであろう「住民トラブル」を恐れ、どうしても外国人住居者の受け入れに二の足を踏んでしまっています。

■不人気の「古い3点ユニット」も外国人は「気にしない!」

しかし、「外国人を受け入れる」という英断をした賃貸オーナーさんからは意外な喜びの声が上がっているのをご存知でしょうか?

いまや日本人から敬遠されるような築年数の古い、3点ユニット(バス・トイレ・洗面台がいっしょ)の部屋。

じつは外国人であれば「まったく気にしない」のだとか。

それどころか、外国人のふたり入居を認めただけであっという間に「満室」になってしまうケースもあるんだそうです!

これも文化の違いといいますか、外国人のみなさんは「おふろとトイレはいっしょでかまわない」ということなんでしょうね。

このサイトでわたしが1位に選んだ「グローバルトラストネットワークス」の後藤裕幸代表取締役によれば、「入居前にきちんと説明すれば、ほとんどのトラブルは回避できます」と断言しておられます。

■説明不足なだけ。わかってもらえば問題は無い

基本的に入居者と同じ国出身のスタッフが経験を交えて説明を尽くすそうで、結果、たいていのトラブルは解決し、きちんとルールに従ってくれる外国人入居者がほとんどとのこと。

「外国人だからトラブルを起こす」というのはわたしたちの偏見で、そのルールをきちんと伝えていなかっただけということかもしれません。

外国人の入居者をフォローしてくれる家賃保証会社を採用すれば、空き物件に悩む賃貸オーナーさんも笑顔になれる可能性があるのではないでしょうか?

参考資料:【楽待】不動産投資新聞「外国人入居でボロ物件が利回り25%のお宝物件に」

家賃保証会社、何を基準に選ぶべきか


家賃保証会社の取り立てに関するモラルへの注意、また倒産リスクへの注意については先に述べた通りですが、他にも注意すべきポイントはあります。

■滞納保証に何が含まれているか?

滞納保証は「入居者が家賃や共益費・契約更新料などを滞納した場合に立て替える代位弁済を行う」ものですが、ここに「現状復帰にかかる費用」や、「明け渡し訴訟、それに付随する弁護士費用」などを家賃保証のサービスに含めている場合があります。

サービス内容はよいに越したことは無いので、こうしたオプションについても調べてみましょう。

■立替日数は短いほどいいが…

家賃の滞納が生じた際、オーナーさんから家賃保証会社に「滞納報告」を上げることになりますが、3日以内という早い対応もあれば起算日により「当月末」「翌月末」という会社もあります。

■信販系?独立系?

賃貸保証に関して、クレジットカードやローン会社が運営する保証会社と、賃貸保証を専門に独立して運営している保証会社に分かれます。

クレカ・ローン会社は個人信用情報センターの情報を審査基準にしており、独立系は独自の審査基準を有しています。

信販系では審査がきびしいため、問題のある入居者は除外できる一方で、なかなか審査に通る入居者がおらず、入居率が低下してしまう場合があります。

独立系はその逆の問題があります。

そして、オーナーさんは家賃保証会社を利用しても、オーナーさんから家賃保証会社に支払う自己負担は一切ありませんが、そうした保証委託料は入居者さんが支払うことになります。

家賃の30%~100%までと、ずいぶん開きがあるようです。

古い物件や駅から遠い物件なのに「保証委託料が高い」と思われてしまうと、これをネックに入居率が低下する恐れもあります。

ここはバランス感覚を失うことなく妥当に決めておきましょう。

同じように賃貸保証会社の更新料も入居者さんの負担になる部分なので、これもあまり条件のよくない物件であればそこそこに押さえないと退去の原因になるかもしれません

家賃保証会社はオーナーのリスクを回避してくれるものではありますが、それ自体がリスクになりかねない面もあるようです。

入居者さんの負担が過分にならないようにくれぐれも注意しましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

賃貸住宅のオーナーさんにとって、いまや家賃保証会社の利用はリスクヘッジとして必須とも言える存在になっているようですが、家賃保証会社のモラルや信用性にはくれぐれも注意を払うことが必要です

また、保証委託料や更新料が入居者さんにとって「大きな負担」と感じられないよう、持ち物件の条件面とのバランスには注意を払うようにしてください。

審査がきびしければ入居が決まった際にはリスクの少ない入居者となりますので、安心ではあるのですが、実際入居率が落ちている現状を目の当たりにすると、それがすべてでは無いようにも思えてきます。

ひとが住まなくなると部屋は老朽化すると言われていますし、空き物件の換気や掃除などは以外に手間がかかります。

何よりも長い間空き部屋になっていると「何か訳ありなのでは?」と疑われることにもなりかねませんし、そのような状況が続く場合は思い切って独立系の審査をしている家賃保証会社に切り替えるのも手ではないかと思います。

そして、上に書いたように、きちんとした外国人向けの家賃保証会社を通して、外国人の方を入居者の対象に切り替えるというのも、視野に入れることもぜひ検討してみてください。

減少の一途をたどる日本人入居者は、条件面からもかなり口うるさいお客さまとなりつつあります。

新築、ゆとりある間取りを好み、駅からも近い物件を好みます。

環境にも敏感で細かい条件にこだわる方が多くおられます。

一方、まだまだ住居できる物件の限られる外国人の方々は細かい注文はつけない方が多いので条件のよくない古い物件のオーナーさんでも勝負できます。

ご紹介したように、いまは24時間コールセンター現地語対応もしてくれる家賃保証会社も出てきていますし、何よりも入居段階で相互理解を深めた対応ができる状況も整っています。

理想の高い日本人入居希望者さんの顔色をうかがって不安を抱えているより、こだわりの少ない外国人入居希望者さんでお部屋を埋めてもらうほうがよほど健全で現実的と言えるのではないでしょうか?

そろそろ賃貸オーナー側の意識を変える時期が来ているのかもしれませんね。

 

 

記事一覧

家賃滞納者が増えている為に大家さんは頭を悩ませています。家賃滞納対策として家賃保証会社を導入しているという大家 ・・・[続きを読む]
賃貸経営する上でのリスクはさまざまありますが、入居者が家賃を滞納することもその一つです。 入居者の審査を厳しく ・・・[続きを読む]
家賃保証会社を利用する費用は入居者が負担するものですが、それがどんなものかということは、オーナー側も知っておく ・・・[続きを読む]
日本における外国人労働者の数は、年々増加しており、多くの自治体で過去最多を更新しているようです。彼らに家を貸す ・・・[続きを読む]
家賃保証会社は、入居者から保証料を支払ってもらうことで入居者を保証するサービスを行うものです。メリットは家賃保 ・・・[続きを読む]
家賃保証会社の業務は賃貸借契約に求められる親族といった人に代わって、手数料を取ることにより第三者が連帯保証人に ・・・[続きを読む]
最近は、家賃滞納のリスクを減らすために、大家が家賃保証会社を利用するケースが増えています。 しかし保証会社は数 ・・・[続きを読む]
家賃保証会社を利用すると、賃貸トラブルを防ぎやすくなります。 保証会社は家賃の滞納があるとすぐ対応してくれます ・・・[続きを読む]
賃貸物件を借りる時によく利用されるサービスが、家賃保証会社です。 仕組みとしては単純なもので、保証会社が賃貸物 ・・・[続きを読む]
マンションやアパートを契約するには保証人が必要です。 しかし、現代の日本では保証人になってくれる人が少ないので ・・・[続きを読む]
家賃保証会社の審査内容は各社まちまちですが、これまでに家賃滞納があったかどうかということは聞かれます。 雇用形 ・・・[続きを読む]
賃貸オーナーにとっても入居者にとっても、家賃保証会社を利用できるというのはメリットが大きくありがたいことです。 ・・・[続きを読む]
家賃保証会社は、信販系と独立系がありますがどちらのほうが良いのでしょうか。 家主の側・入居者の側からそれぞれの ・・・[続きを読む]
家賃保証会社を連帯保証人の代わりに義務付ける家主が増えています。 最近は、家賃保証会社の利用と連帯保証人の両方 ・・・[続きを読む]
家賃保証会社の主な業務は、入居の際に求められる連帯保証人に代わって、賃料の債務不履行による損失を補償することで ・・・[続きを読む]